雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

食べるほうが辛い食事制限

投稿日:2015年4月2日 更新日:

彼は手術の必要もなく3日後には退院の予定なのに、その顔色はふつうではない。どうしたことかと看護婦がたずねるとKさん、今にも泣きだしそうな声で、病室を変えてくださいと、訴えはじめた。夕食後まもない内科病棟のナースセンターに、憔悴しきった表情の入院患者がやってきた。胃潰瘍の検査治療をしているKさんである。

Kさんの部屋は2人部屋で、相棒は温厚な性格のSさんである。あまりの深刻な表情に、看護婦は思わずわけを聞いた。問題なのはこのSさんで、Kさんがその異様な事態に気づいたのは、検査のための食事制限がなくなり、普通食になった翌日のことだった。

デザートに出てくるババロアに手を伸ばしたとたん、ただならぬ気配が漂っているような気がして、ふと隣のベッドを見た。すると、Sさんがじい〜っとKさんの手元を見つめているのだ。ア然として動きを止めたKさんの表情にも気づかず、Sさんは鬼気迫る表情で、目はババロアから寸分も動かない。すると、その視線は、スプーンと、その先ですくったババロアを、ただひたすらに追っている。不審に思ったKさんは、食べながら、ちらちら横目でSさんを見た。

食べるのが怖くなった

実は、このSさんは糖尿病。Kさんの食事にデザートがつかない日なら、Sさんも平静でいられるようだが、2回に1回の割合で出てくるプリンやヨーグルトを見ると、まさに食い入るように見つめてしまうのである。食事も厳しく制限され、デザートはおろか、甘いものは全く出ないといっていい。Kさんは、これ以上食べるのが怖くなった。

怖いっすよ、助けてくださいよ。Kさんはひたすら訴えるが、急にいわれても空いたベッドはない。一度などは、あまりにもすごい形相で見つめられ、手にした乳酸飲料を落としてしまった。が、Sさんは床にこぼれた液体をなおも、じい〜っと見つめ続けていたのだ。

しかたなく、病院側はKさんの食事からもデザートを抜くことにした。ただ、食事が終わると、Kさんはふらりと病室を後にする。が、Sさんが怪しむほどのことではない。実はその後、Kさんはナースセンターの片隅でひそかにデザートを楽しむことになったのである。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

インフルエンザ脳症とは?原因や特徴

インフルエンザ脳症は、発生件数は年間200-300人にのぼります。乳幼児のインフルエンザにともなった脳症として大変問題になっており、研究が進んでいます。 インフルエンザ脳症は、サイトカインストームが考 …

no image

憧れの芸能人が病院に来たときの医師の心境

H市民病院の内科に勤めるW氏はある俳優にそっくりの34歳独身。顔はスケべのくせに、ふだんは女のことなんか興味ないという風を装っている。ある日、W医師が、自らの弱点を医局中にぶちまける事件が起きた。とこ …

no image

粘液中のIgA抗体は感染防御に重要な働きをしている

粘液中のIgA抗体は、感染防御に重要な働きをしていることがわかりました。粘液中のIgA抗体の濃度は血液中のそれより100倍高濃度です。 上気道粘膜では血液中の量に比べると3分のーの濃度と少なく、血液中 …

no image

アレルギー性鼻炎の症状は?原因は?薬で治らない?手術は?

アレルギー性鼻炎は、風邪をひいていないのに、鼻水やくしゃみがひどくなる症状が出る鼻炎です。 アレルギー性鼻炎は、1年中症状が出るタイプと、ある季節だけ症状が出るタイプがあります。 1年中症状が出るタイ …

no image

学会誌は掲載許可を会長のようなお偉方が決めているらしい

科学論文の正当な評価というものは、ある程度時間が経たねばわからないものもある。それに、学会誌というのは、掲載許可を会長やら運営委員会のようなお偉方が決めているので、それが一つの権力になっている。つまり …