雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

食に関する意識改革をしよう

投稿日:

身体にいい食材は目も舌も喜ばせるということ。どうしても食べてしまう、そして脂を身体にまとってしまう。しかし、ダイエットは本当にシンプルなもの。摂取カロリーと消費カロリーのバランスを保ちさえしていれば、身体は太ったりしないのです。食に対する意識を少しずつでも変えてもらえれば、身体は変わる。その諸悪の根源がカロリーなのか?脳(感情)なのか?悪者が誰(カロリー、脳、栄養のバランス)であれ、口にするものを変えていく、食の趣味嗜好を意識的に変えることが、とても大切です。

栄養のバランスなのか?悪者を簡単に見分け、退治することができたら、ダイエットに苦しむ女性は大幅に減るでしょう。消化によく、できたての、適度な油を含む食事をします。昼食を一日の中心とします。完全に空腹になってから食事をします。非常に冷たいものを食べたり、飲んだりしません。落ち着いた環境で、座って食べます。乳製品、揚げ物、牛肉、豚肉、刺身などは少量にします。

タ食は軽、早めにすませます。

満腹の四分の三程度で食べ終えます。タ食は軽、早めにすませます。食事をしながら、力ップ一杯の熱い白湯をすすります。食事内容については、生ものや冷えたものはできるだけ避け、火をよく通した、温かいものを食べるように意識します。忙しいからといって食事をぬいたりせず、三食しっかり摂るようにしましょう。油分を適度に含んでいることも必要です。とくに、調理にはギーや体を温める効果のあるひまわり油を使うとよいでしょう。

味は、薄味ではなく、濃い味っ切のほうが適しています。分量も少なすぎないように気をつけます。ヴァータ体質の人やヴァータが乱れている人は、冷えやすく、乾きやすく、不安定な性質があり、エネルギーをあまりためられないという特徴があります。ですから、エネルギーを補給しないでいるとたちまち消耗して、気分や体調に影響をおよぼします。また、一度の食事で甘味塩味、酸味、辛味、渋味、苦味の六つの味のものを食べることが基本です。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

東洋医学では原因をすべて血に帰すという

東洋医学では原因をすべて血に帰すという。血をたいへん重視します。そのため、血筋血統血が騒ぐ血がのぼる血の気がひく血色がよいといった血を用いた言葉が多くあります。中国においても、やはり、遺伝的にも肉体的 …

no image

抗うつ薬をやめたいある女性がやめられた理由とは?

長年うつに悩まされていたある女性は、パックシルという抗うつ剤によって回復した。しかし、彼女はパックシルから離脱したいと思った。長いあいだ鎮痛薬を飲みつづけてきた彼女は、すべての薬の支配から抜け出したく …

no image

偏食、栄養不足と健康

僕は小学校の頃からひどい偏食でした、というある男性。栄養不良で養護組と呼ばれるクラスに入れられたぐらい。肉も魚も食べられないということで、では何を食べていたかといいますと、胡麻味噌、それから、納豆。普 …

no image

平滑筋細胞へのカルシウムの流入を阻止するペパーミント

過敏腸症候群で苦しんでいる多くの人たちは、それと一緒に生きていくしかないと医師にいわれる。しかし、希望を棄てる前に彼らは、腸まで達してから溶けるようにコーティングされた溶腸性のペパーミント・オイルを試 …

no image

ジンジャーティーは強力に消化力を上げるのでおすすめ

お白湯とショウガを、食事やおやつのときに欠かさずとるようにしてください。それだけでも、食後に胃がもたれなくなった食後に眠くならなくなった、痩せて体重が落ちた冷えがとれたなど、体調がよくなっていくことが …