雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

食品添加物の安全性の評価

投稿日:

私たちは、商品を手にとって、添加物の欄を点検する必要があります。瓶詰めなどは比較的添加物が少ないのですが、添加物をまったく使っていない製品もありますので、多少高くても、そのような製品を買いましょう。消費者の賢い選択によって、添加物をむやみに使った商品は駆逐されていくことでしょう。

表示が免除されているものに、「キャリーオーバー」があります。これは、原料にすでに入っているもので、その食品の製造者が加えたものではありません。よい例が、しょうゆで焼き上げたせんべいで、この場合には、しょうゆの中に入っている添加物は表示しないでよいことになっています。

加工助剤は、食品の製造過程で使われますが、最終的に食品に残らないもの、あるいは微量に残っても害をあたえないものです。殺菌料などがこれにあたります。

食品添加物の安全性の確認の方法については、一〇〇〇に近い数の添加物の一つひとつについて安全性がきちんと確認されているとは言い難く、私たちは危険なものを食べざるを得ないと思われます。漂白剤、酸化防止剤、発色剤などが原因で、ジンマシン、ぜんそく、アトピー性皮膚炎が起きることも指摘されています。赤色102号や黄色4号などの色素や保存料によってジンマシンを起こす人がいます。これらの物質はいずれもからだにとって異物、または有害物質なので、食品を買うときに、できるだけ添加物の入っていないものを買うべきです。

界面活性剤の環境を汚染

界面活性剤という物質が、私たちの生活に深くはいり込んで、環境を汚染しています。水と油を瓶に入れて静止しておくと、油は油で上層を占め、水は水で下層を占めます。水と油の境目はくっきりと見ることができます。

この境目が「界面」です。この中に界面活性剤を入れて振りますと、水と油は溶け合うことはありませんが、均一に混じり合って乳白色になります。この界面活性剤の働きを「乳化作用」といいます。界面活性剤という文字は頻繁に目にしているはずなのですが、いったい何なのか、ご存じない人もいることでしょう。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

温暖化による海面上昇の予測

地球が温暖化するとどういう現象が起こるでしょうか。氷河と陸氷の一部が溶け出す可能性があります。地球の過去一年間に一〇〜二五センチメートルほど海面が上昇しました。これは地球温暖化が原因だと考えられていま …

no image

環境コストをどのような方法で市場経済の中に組み込んでいくか

日本で「グリーンフィー」といえば、ゴルフ場のプレイ代のことを意味します。最初にバッズ課税、グッズ減税のことを知ったのは、WRI(世界資源研究所)のロバート・C・レペット副所長の“GreenFees”と …

no image

動脈産業と静脈産業を結び付ける

ゼロエミッションを実現していくにあたって、動脈産業、静脈産業、逆工場、ごみゼロ工場などあまり聞きなれない言葉が登場してきました。やがて役割を終えた血液は、ヘモグロビンから酸素が離れて汚れており、静脈を …

no image

日本のエネルギー消費量は50年前の10倍に

平均二人に一人が自動車をもち、大型冷蔵庫が二十四時間動きつづけています。暮らしが快適になるたびに、電気やガス、ガソリンという多くのエネルギーを消費するようになりました。このライフスタイルの変化の結果、 …

no image

植物が吸収してくれるCO2

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の分析によりますと、地球全体のCO2循環は、およそ次のようになっています。一年間に世界で排出されるCO2量(炭素換算)は、約七一億トンです。その内訳は、経済活動 …