雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

食器収納で取り出しにくい奥も取り出しやすく

投稿日:

食器は、まず「用途はごはん用茶腕か取り分け用皿か」「使用は毎日かときどきか」「形は四角か丸か」といった分類をしっかり行なうこと。そして分類に合った指定席を決め、使ったら戻す、をくり返すーこれが整頓です。

奥行きのある食器棚を使っていると、奥の食器を取り出しにくいことがあります。そんなときは、棚の奥行きと同じくらいの長さのある細長いトレーを利用します。トレーに食器を乗せておけば、トレーごと引き出すか取り出すだけで、奥にしまった食器も簡単に取り出せます。

整頓をくり返していれば、破損や欠け、ヒビなどに気がつき、処分どきがすぐに分かります。さらに、非日常使用の食器を極力減らすようにすれば、整頓はもっとラクになります。これまで食器の整頓ができなかった人には、まずは分類をきちんとしてみることを、おすすめします。

買い物袋を持参しないかぎり

買い物をすると、断わらないかぎり、または買い物袋を持参しないかぎり、持たせてくれる紙袋。こうした紙類を整頓しなければ、いつまでも家のなかはちらかったままです。資源回収に出せるので、回収に出すまでは場所を決めて保管しておくーこれが整頓になります。

毎日たまる紙類は、いかに保管するかが勝負。ほぼ毎日、休みなく家に入り込んでくるモノといえば新聞。そのままにしていると、すぐに山のようになってしまいます。あるいは、気が向いたときに購入する雑誌。気が向きさえしなければ買わずにすみますが、買ってしまえば、家に持ち込まれることになります。

保管場所をどこにするかは、家庭により違ってきます。ただ、どの場合にも適しているのは、「一定量が測れる場所」。一定量たまったら回収に出すための目安をもつことが、整頓には欠かせないすこの目安をもたないと、新聞や雑誌は、際限なくたまります。処分するまでの期間が長ければ長いほど、保管場所に苦労することにもなるのです。保管場所の容量が少なければ、処分までの期間も、たまる量も、少なくてすみます。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

整理するのが面倒な人は思いきっていらないモノを捨ててみること

見直したり、整理したり、整頓したりする作業は、細かくて骨の折れることです。そんな作業をなぜ、あえでするのかといえば、それは暮らし=生き方の見直しをするためにほかなりません。長い年月のあいだには、暮らし …

no image

ゆで卵の茹で汁を冷まして植木にかけると元気になる

・ゆで卵の汁は冷まして植木にかける ジャーッと流しに捨ててしまう人もいれば、とっておいてあとで食器洗いに使うというしっかり屋さんもいる。朝食にゆで卵を作る家庭では、そのゆで汁をどうしているだろう?この …

no image

カーペットを階段に滑り止めとして貼る

昭和五十年から昭和五十四年までの統計(厚生省・人口動態統計)によると年平均で三百三十二人の方が階段からの転落または墜落によって死亡しています。階段は住まいの中での事故多発地帯といわれています。しかもこ …

no image

天袋の収納は箱を利用して行おう

・天袋は箱を利用して なんでも奥へ奥へとつっ込んでしまい、高い位置にあるだけに、取り出したいときすぐに取り出せなくてイライラのタネとなる。天袋付きの押し入れというのは、収納に便利なようで、結構頭を悩ま …

no image

ビニール袋の収納で簡単な方法は?

・引き出しをビニール袋でいっぱいにしない法 本来は捨ててしまうようなもので整理ができることもあるのだ。捨てるもよし。でも捨てるばかりが能じゃない。それが使用ずみのラップの志。捨てずにとっておいて、芯の …