雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

初期研修医が転職を考える場合に利用したいサービス

投稿日:2014年11月24日 更新日:

初期研修医が転職を考える場合に利用したいサービスがあります。。それは、転職支援サービスです。転職支援サービスは、求人数が数万件もあり、どの科の先生でも、かなり求人が見つけやすいです。転職支援サービスは登録無料で、しかも、一度、希望する条件を担当者に行っておけば、かなり希望に近い求人を見つけてきてくれます。

転職支援サービスでおすすめなのは、医師転職ドットコムエムスリーキャリアです。この2つのサービスは、どちらも業界最大手のサービスで、業界で1、2を争う求人数を持っています。

初期研修医が転職を考える場合には、かなり役に立ちと思います。

研修医の現状

本来、大学病院は研修医を一人前に育てあげるのもその機能の一つであるにもかかわらず、研修医がどうなろうと知らないね、伸びる人間は黙っていても伸びるから放っておけ、という雰囲気は何とも変なものです。反対にダメな人間は徹底的にはじかれるといいます。

最初は誰でも看護婦に教えてもらってやっているが、そのうち自立する。それがいつまでたっても看護婦を頼り、看護婦に指示されて治療し、教えてもらって処方薬を書くだけ。ダメな人間というのは診療や治療がテキパキできない研修医でしょう。

講師や助教授なんか口もきかないから、やがて居たたまれなくなって辞めていくという。そうすると看護婦から医局の幹部に報告がいくことになる。こうして一度ダメな人間というレッテルを貼られてしまうと、二度と見向きもされないようです。

辞めるといっても医者を辞めるわけじゃない。少なくとも二年の研修は医者として一人立ちする条件だからである。ほかで研修する術はない。医局をすぐに辞めるのは、実家が病院を経営しているとか、開業医の息子で、そうでなければ簡単には辞められない。

何も経験がなくても医者は医者

何も経験がなくても医者は医者。ちゃんと迎えてくれるところはあります。個人経営の病院の中には、数合わせのためにダメな医者ばかり揃えて診察させているところがあるらしいです。ベテラン看護婦さえいれば、治療法などは指示できるから頭数を揃え、あとは院長がいれば病院の経営は何とかなるといいます。患者にとっては迷惑な話ですが。研修が終われば、もう医局にいることはない。

治療にしても研究の素材であって、その対象にならないような病気や患者はどうしても二の次になるよう。だから優秀な臨床医を育てることなんて考えてはいないという。研修医に手取り足取り一から教えるようなことはしないという。国公立大の医局では、研修医のことなどかまっていられないという雰囲気があるようだ。国から研究費をもらっていて、研究の成果をあげることを第一と考える傾向があるのだそうです。

医学部職員は、臨床・教育・研究の三本柱が義務といえます。病院の外来や入院患者の診断と治療、そして大学で学生を教えるとともに研究もする、ということでしょう。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

地方の医師不足の解決策を協議していた厚生労働省など

地方の医師不足対策を協議していた厚生労働、文部科学、総務、財務の四省は二〇〇六年八月三十一日に、とくに不足が深刻な(人口一万人当たりの医師数が二人未満の)東北、甲信越、中部地方の山形、福島、新潟、山梨 …

no image

抗原提示細胞活性化物質粘膜アジュバント

効率よく粘膜免疫を体につくらせるためには、タンパク質である不活化抗原を用いて、抗原とともに感染の信号が必要になります。 抗原に加えて抗原提示細胞の活性化物質である粘膜アジュバントが必要です。経鼻接種ワ …

no image

アレルギー性鼻炎の症状は?原因は?薬で治らない?手術は?

アレルギー性鼻炎は、風邪をひいていないのに、鼻水やくしゃみがひどくなる症状が出る鼻炎です。 アレルギー性鼻炎は、1年中症状が出るタイプと、ある季節だけ症状が出るタイプがあります。 1年中症状が出るタイ …

no image

研究のための研究-先見性や医学の進歩など関係のない世界

多くは海外の研究方法や新しい医療器械をどこよりも早く導入し、それをあたかも自分の研究のようにしてやるのが普通である。それを十年近くやっていれば、誰しもその道の専門家として見てくれるようになる。そこには …

no image

サードオピニオンを別の病院で求めると安心な理由

ある総合病院では、主治医の紹介状、それまでにおこなった治療内容、今後の治療方針、検査データ、薬の情報などを患者が用意すれば、新たな視点で治療や手術についての意見を提供してくれます。セカンド・オピニオン …