雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

初夏の山での花や森林の素晴らしさや魅力

投稿日:

初夏の山(六月)。梅雨の晴れ間は素晴らしい登山日和六月が春か夏かは難しい問題です。九州では夏ですが、北海道では春です。梅雨のない北海道の山に行く人も多いのですが、この時期の北海道の山はまだ春です。日本列島は南北に長く、山の高さによる垂直の差も考えれば一概には言えません。すでに暑い本州からの登山者が、装備や情報の不足で疲労凍死などの事故を起こす例が急増しています。

森林帯では白やピンクのシャクナゲも満開です。梅雨入りの遅い東北の山では梅雨入り前もねらい目と言えます。梅雨の晴れ間の登山はとても素晴らしいものです。新緑と咲き始めた高山植物が同時に楽しめます。雪の残っている山に行く時は必ず防寒具が必要です。また雪の残った春山で雨にうたれると非常に寒いものです。そういう時にはさらに雪上にガスが立ち込め見通しも利きません。雪上に黒々と見えるトレースも、雨が降ると急にわかりにくくなります。この特に要注意です。

陽を受けた草原が一面に広がっています

まぶしい陽を受けた草原が一面に広がっています。暗い林の中にピンクや白のシャクナゲが咲き誇っています。稜線近くなると待望のシャクナゲが現れます。林の中のシャクナゲも風情があるものです。そこを抜けると突然明るい草原に飛び出します。東北の山では高山植物が咲き始める(栗駒山、焼石岳、五葉山)赤坂峠は人出が予想されたので静かな僧山日から五葉山に向かう。水平の森林浴道をアスチロ山荘まで行き、そこから樹林帯の直登になりますが自然の道でクッションもよく楽です。

少し暑かったのですが、涼しく登れます。その背の低い笹原にまた島のようにシャクナゲが咲き、カンバの幼木の林が夢の世界のようです。団体さんが何組もお弁当を広げていたので我々はその先の日の出岩まで行くことにしました。遠く頂上の方には人が一杯見えますが、草原は我々だけのものでした。せっかく来たので頂上を踏まないわけにはいかず登っていくと、石垣に囲まれた神社があり、その先に頂上がありました、とある登山家。岩の横の平地にやっと静かなスペースを見つけお茶をわかし昼にしました。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山小屋では消灯後朝食まではサイレントタイム

・山小屋では消灯後朝食まではサイレントタイム 山小屋に到着したら、速やかに受け付けを済ましましょう。その際、部屋の場所、乾燥室や談話室の有無、夕食・朝食の時間、消灯時刻、水やお湯はもらえるのか、また有 …

no image

山は子供の遊び場-コンパスが読める年齢になったら

石づたいに小川を渡るテクは、何度も練習を重ねてうまくなる。足の位置など、大人のアドバイスが必要なので、まず親が先に渡ってテストしよう。雪解けや雨で増水した川を渡らなければならないトレイルは、子ども連れ …

no image

えびの高原ではススキが穂を出し始めている

えびの高原ではススキが穂を出し始めている。この時期の尾瀬を彩るのは、サワギキョウやミヤマアキノキリンソウだ。九月に入ると、すぐに北海道の旭岳ではチングルマが綿毛をまとい、秋の到来を告げる。 下界は暑さ …

no image

山のトイレ、ゴミと自然保護の問題

・山のトイレ、ゴミと自然保護 人間は自分自身が楽しむため、心を癒すために山・自然を利用します。それがほどほどであればよかったのですが、度を越したために問題になってきました。ゴミのポイ捨てをやめたり、む …

no image

山で写真を撮るレンズはいろいろ

山で写真を撮るレンズはいろいろ。山での写真は、ふつう人物のスナップか、滝とか樹木とかの全景を取り入れた風景だろう。そして持参しているカメラは、コンパクト・デジタルカメラのことが多い。フラッシュは内蔵型 …