雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ショーにエンターテイメントを注入することとディスプレイに変えること

投稿日:

ファッション・ショーは実はプレスのためのものであり、最終的には読者のためのもの。そのことを考えれば、それまでに発表したジャケットのバリエーションばかり見せて観客を死ぬほど退屈させるようなことは、全くの逆効果。観客を退屈させたくないというデザイナーの気持ちを誰が責められるだろう?ショーがテレビ中継されるようになって、かつては神聖なものだったファッションそのものも、全くのサーカスになってしまっていることが多い。それもまた、ショーに多少のエンタテインメント性を添えるものだ。

こんなせわしい形では、それぞれのショーから少しずつハイライトを見せたり、デザイナー自らニュー・ルックを解説する一〇秒のサウンド・バイトを入れたり、観客として来ていたセレブの賛辞を入れたりしただけで、ほとんど時間いっばいになってしまう。そんな時間じゃ、レポーターだってごく基本的な質問をするくらいが関の山よ。せいぜい三、四分のトピックなんだから、どうしたって表面的なものになっちゃうわよねとワシントン・ポストのロビン・ギヴァン。

、ただのディスプレイに変えてしまう危険とは紙一重

だが、ショーにほんの少しエンタテインメント性を注入することと、ショーをもうファッションとはあまり関係のない、ただのディスプレイに変えてしまう危険とは紙一重である。時にはショー自体があまりに大がかりな見世物となって、主役が服であることが忘れられてしまうこともある。パリのデザイナーであるアルファディは、一九九八年一月に、国民が一日平均五〇セント未満で暮らすサハラ砂漠の国ニジェールで二五〇万ドルをかけたショーを行っている。

ショーの光景やパーソナリティ、ショー後のパーティのほうに招待客の関心が行ってしまうことも多いだろう。屋外で、崖と砂漠、ターバンを巻いた兵士たち、物乞いをする地元住民を背景にして気取って歩くモデルたち(フィナーレで、ケツ何倍分ものお金をシュレッダーにかけて紙吹雪でも作ってたら、もっとグロテスクなディスプレイになっていたも。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ビジネススーツ-最初の一着の選び方

・ビジネス・スーツ、最初の一着の選び方 べイシック・スーツとは、まずダーク・トーンの無地、それもウーステッド地ということになります。これはより細く長い羊毛糸で織った生地の総称のことです。ウーステッドと …

no image

厚底靴ブームに起こった悲劇

一九九〇年代の終わり頃から二〇〇〇年代初めにかけて日本を席巻した厚底靴ブームは、数多くの情けない事故を生んだが、なかには死者の出たケースもあった。一九九八年八月、東京の青葉学園短期大学でアパレル関連の …

no image

ファッション業界のシステムは欲望の上に成り立っている

ファッション・システムは欲望の上に成り立っている。ヴォーグ誌上で社交界の名花が着ている服を見ることは、アーキテクチュラル・ダイジェスト誌に出てくる邸宅に憧れたり、デュポン・レジストリー誌をばらばらめく …

no image

スターの関連でメディアに名前が出たりすれば売上の倍増

二〇〇二年の初め頃なら、ザック・ポーゼンって誰?という人が大半だったと思われる。だが、ナタリー・ポートマンがスター・ウォーズプレミア試写会に彼のドレスを着て現れ、その時の写真が全国誌数誌に出回ったこと …

no image

邪悪だと言われるトレンドを健康に悪いものとして表現

国民一〇〇万人のうちなくとも四分の一がHIVに感染しているスワジランドでは、同じ理屈で、政府官僚が、国内のエイズ豪延はミニスカートのせいだと発言している。この国は一九六九年に道徳上の理由からミニスカー …