雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

シャワーヘッドやホースの交換方法

投稿日:

へッドやホースが傷んだときは、新しいものに取り替えます。ネジが合わないときは、別売りまたは付属のアダプターを間に入れて取り付けます。取り付けときは金具を傷付けないよう、布を当ててプライャーを使うなど注意します。へッドとホースの間で水がもれるときは、シャワーへッドを外し、ホースと水栓の間でもれるときは、水栓の根元にある取り付けネジを取り外して、それぞれパッキングを取り替えればOKです。

購入の際はネジの外径を測っておき、同じサイズのものを求めましょう。現物を持っていくと確実です。水もれはパッキングを交換するシャワーの不調として、水の出が悪いことと、水がへッドとホース、水栓とホースのすき間からもれるということが考えられます。水の出が悪い、平均して出ないというときは、水あかなどによるシャワーへッドの目詰まりが原因。針やピンなどで穴をつついて詰まりを取り除きます。またはへッドを外し(ネジが固いときはウォーターポンププライヤーを使う)、水で薄めた洗剤の中に入れてよくゆすぎます。

シャワーのフックがグラグラするとき

いま使っているシャワーのフックがグラグラするときは、固定し直しておきましょう。シャワーは、壁にシャワーフックで取り付けられています。フックは、普通コンクリートプラグを使って壁に固定されていますので、このコンクリートプラグを新しいものに取り替えます。まず、コンクリートプラグにはまっているネジを外します。プラグはそのままで電気ドリルでひと回り大きな穴をあけ、そこに新しいコンクリートプラグを金ズチで打ち込みます。

違う場所に新しくシャワーフックを取り付けるときは電気ドリルが活躍します。取り付ける位置が決まったら印をつけます。電気ドリルの刃(ビット)をコンクリート用かタイル用のものにして、低速でゆっくりと穴をあけます。穴の深さはプラグの全長よりやや深めに。そこにコンクリートプラグを埋め込み、フック受けをネジで固定します。簡単に取り付けたいときは吸盤式のシャワーフックもあります。フック本体を取り付けて完成です。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

一定量のネクタイを上手に保管する方法

・一定量のネクタイを上手に保管する方法 幅や柄に流行はあり、いつも一定量を保つために古いものは処分するようにしないと、たまる一方。似たようなスタイルになるビジネスマンの、唯一のおしゃれポイントいえそう …

no image

ワッペンをはがすよい方法はありますか?

・子どもがはったワッペンをはがすのに苦労していますが、なにかいい方法はないものでしょうか。 シールやワッペンをはがすためのはがし剤(ボンド・シールはがし液)というものが市販されています。ワッペンの上か …

no image

古い家具も手入れ次第できれいにもどる

古い家具も手入れ次第できれいにもどすことはできます。 使い込んで愛着のある家具を傷つけてしまったり、椅子がギシギシきしむようになって、なんとかしなくちゃと思いながらそのままにしていませんか。骨董屋の家 …

no image

衣類を筒状収納するというアイデア

・衣類の箇状収納でスッキリ 一つ一つ動かして丁寧に出せばいいことはわかっていても、朝の忙しいときには1秒だって惜しい。引き出しの中から、その日に着ていこうと思うトレーナーを引っばり出したら、上にのって …

no image

誤飲を防止するためのひと工夫

・誤飲しないためのひと工夫 家庭常備薬の容器は、ビタミン剤だろうが消化薬だろうが、そっくりのビンに入っていたりする。似たようなボトルに似たようなキャップ。そのうえ、引き出しなどに収納しておくと頭しか見 …