雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

シャワーヘッドやホースの交換方法

投稿日:

へッドやホースが傷んだときは、新しいものに取り替えます。ネジが合わないときは、別売りまたは付属のアダプターを間に入れて取り付けます。取り付けときは金具を傷付けないよう、布を当ててプライャーを使うなど注意します。へッドとホースの間で水がもれるときは、シャワーへッドを外し、ホースと水栓の間でもれるときは、水栓の根元にある取り付けネジを取り外して、それぞれパッキングを取り替えればOKです。

購入の際はネジの外径を測っておき、同じサイズのものを求めましょう。現物を持っていくと確実です。水もれはパッキングを交換するシャワーの不調として、水の出が悪いことと、水がへッドとホース、水栓とホースのすき間からもれるということが考えられます。水の出が悪い、平均して出ないというときは、水あかなどによるシャワーへッドの目詰まりが原因。針やピンなどで穴をつついて詰まりを取り除きます。またはへッドを外し(ネジが固いときはウォーターポンププライヤーを使う)、水で薄めた洗剤の中に入れてよくゆすぎます。

シャワーのフックがグラグラするとき

いま使っているシャワーのフックがグラグラするときは、固定し直しておきましょう。シャワーは、壁にシャワーフックで取り付けられています。フックは、普通コンクリートプラグを使って壁に固定されていますので、このコンクリートプラグを新しいものに取り替えます。まず、コンクリートプラグにはまっているネジを外します。プラグはそのままで電気ドリルでひと回り大きな穴をあけ、そこに新しいコンクリートプラグを金ズチで打ち込みます。

違う場所に新しくシャワーフックを取り付けるときは電気ドリルが活躍します。取り付ける位置が決まったら印をつけます。電気ドリルの刃(ビット)をコンクリート用かタイル用のものにして、低速でゆっくりと穴をあけます。穴の深さはプラグの全長よりやや深めに。そこにコンクリートプラグを埋め込み、フック受けをネジで固定します。簡単に取り付けたいときは吸盤式のシャワーフックもあります。フック本体を取り付けて完成です。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

壁紙の種類や張替えなど

壁紙を張り替えるときには、部屋全体をどんなイメージにしたいのかを決めてから選ぶようにします。家具や床などのコントラストを考え、材質感と色、柄もおよその見当をつけておいたほうが迷いません。事前に、お店に …

no image

ベッドに小物置き・入れを自作で作る

・ベッドに自作の小物入れを 部屋が広くて、ベッドのレイアウトに自由がきくというなら、問題ない。宮付きと呼ばれるべッドのへッド部分に棚のついたタイプなら問題はない。ただ、平均的なマンションや建て売りの狭 …

no image

使わないバッグの寿命目安づくりはおすすめ

使わないバッグを執念深く持っている人には、寿命目安づくりはおすすめです。 ・必要な修理費で新品が買える ・修理しても、もう使わない ・デザインが古い ・さんざん使ってサビや汚れが落ちない ・この2年間 …

no image

確定申告申告の準備をしながら年に1度の整理

・申告の準備をしながら、年に1度の整頓を 年に1度の整頓は、確定申告や源泉徴収の準備のときに行ないます。領収書をさらに整頓し、申告書類に明記したうえで、不要になったます。明記した時に使用した領収書は、 …

no image

ドアペンキDIYの注意ポイント

ドアにペンキを塗る際、あせがかなり目立つようになっているなら、木目をつぶして塗装したほうがいいでしょう。ペンキは下地を全部隠してしまうのできれいな仕上りになり、塗装後のメンテナンスも楽ですし、作業も比 …