雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

シャツの色で印象が大きく変わる-注意したいポイントは?

投稿日:

いまのシャツはほとんどがストレッチの入ったものなので、いまさら言う必要もないかもしれませんが、コットンストレッチで、ほどよく身体のラインにフィットするシルエットのものが、全身をきれいに見せてくれます。襟が大きすぎるのも考えもの。立てたとき、頼に当たってファンデーションがついてしまったり、後ろの髪が襟のせいでうまくまとまらなくて、ぐしゃぐしゃになっている姿もたまに見かけます。

モーブがかった色や、グレイッシュなニュアンスのある色のシャツを追加すると、キリリとした中にやわらかさが垣間見られる、女っぷりのよいシャツスタイルがつくれます。素材をサテンストレッチに変えると、コットンに比べて、ぐっとエレガベントになります。ディナーのシーンでも手軽に華やかさを演出できますので、一枚あると、とでも便利です。通年で活用度の高いシャツの色は、やはり白、黒、ベージュだと思います。定番中の定番アイテムですから、すでに各色持っている方も多いでしょう。

力を発揮するのがTシャツ

コーディネートを組み立てるとき、必要なのは抜け感。手を抜くということではなく、どこかで少し力を抜く。わかりやすく言えば、どこかに軽い部分をつくるということ。つい力が入りすぎて、上から下までガチガチになりすぎることってありませんか?頑張っているのはよくわかるんだけど、大人の女性にはこなれた印象が欲しいものです。

そんなときに力を発揮するのが、Tシャツです。ただし、これは選び方を一歩間違えると、自分の姿を確実にレベルダウンさせる恐ろしいアイテムでもあります。もちろん一枚でもOKですし、ジャケットスタイルなら、シャツをTシャツに変えるだけて、こなれた感じに。

ジーンズとTシャツてカッコよく決めようと思い、丸首て腕も身頃もピタピタのTシャツを着た場合、気分はまさにキャメロン・ディアスのはずが、鏡を見てびっくり。首は短く、顔は大きく、なんだか全体的にムチムチした人に見えてしまったということもあります。上手に使いこなしましょう。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

痩身願望ファッションは本人をどんどんとむしばんでいく

ファッション・ヴィクティムの痩身願望は、しばしば本人を配んでいく。タ食で二本目の鶏ももに手を出してしまってカロリー過多になれば、翌朝の朝食を抜いて帳尻を合わせる。レストランでは、一応マッシュ・ポテトも …

no image

現代社会がなぜここまでスタイルにとらわれているのか?

そりや、シーズンごとにトレンドものを全部買い込まなきゃ流行に遅れちゃうって焦りもするわよね。別に何から何まで買う必要なんてないのよ。でも、たとえば、stylecomではファッション・ショーのランウェイ …

no image

フランク・ミュラーの時計に一目ぼれしたある女性の買い物話

最近、時計を購入してしまいました、ちうある女性。それは、仕事で立ち寄ったショップでふと見かけたフランク・ミュラーの時計。 黒のフェイスに、縁はピンクゴールド、クロコのベルトで、メンズタイプのごつめのデ …

no image

ビジネスシューズの最初の一足の選び方

・ビジネス・シューズ、最初の一足の選び方 紐結びの形式がどうなっているかで、そのスタイルと呼び名が変わってきます。靴の甲から続いて、ごく狭い間隔で靴紐を通すスタイルが、バルモーラル。一方、靴の甲の上に …

no image

メディアのイベント企画報道のあり方を変えてしまったファッション

各企業は、テレビや映画でむやみにプロダクト・プレイスメントを行うわけではない。厳しいものではないが、無料提供品にも決まりがあるのだ。同じように、スターの実生活での着用分についても、やたらと商品を手渡し …