雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

微妙に違う、だけで何枚も写真を残さない

投稿日:

・微妙に違う、だけで何枚も写真を残さない

撮ったら撮った分だけアルバムに貼りたくなるのが写真だ。撮影する人が入れ代わったとか、きちんと撮影されてなかったら困るといった理由から、同じ構図で何枚か写真を撮ることは少なくない。でもちよっと待って。同じようなシーンが何枚かあるのなら、そのなかから出来がいいと感じたものだけをアルバムに貼るようにして、残りはもったいなくても捨ててしまおう。友人などと一緒に写っている写真なら、気に入ったもの以外は友人にあげるのもいいだろう。わざわざ焼き増しする枚数も減って、経済的だ。

ムダに写真をプリントしない

インデックスプリントを有効活用すれば、ムダなプリント写真が出るのを防ぐことになる。私たちが、撮影ずみフィルムをDPE店で現像する場合、カラーネガフィルムでは同時プリントをするのが一般的だ。だがこの方法は、ピンぼけの写真でもなんでも、写した映像すべてをプリントしてしまうことになり、プリントのムダ遣いになるといえなくもない。インデックスプリントは、撮影したすべてのカットを、一枚の紙で見ることができるもの。これで出来のよし悪しを見定めて、価値あるものだけをプリントしよう。また、時間のムダもなくすために、DPE店でインデックスプリントを受け取ったら、すぐその場で確認しプリントするものを決めてしまうのが、この方法のちょっとしたコツ。そうすれば店に何度も足を運ぶ必要はない。

年に一回、写真を見直す日を決める

デジタルカメラの登場もあって、とにかく簡単に写真を撮れる。写真を捨てるという感覚がない人も多いだろうが、不要な写真はどんどん捨ててかまわない。いつでもどこでもつい撮ってしまうから、保管している写真のなかには、ピンぼけやシャッターミスの写真もたくさんあるに違いない。一年で驚くほど写真は増えるから、年に一度、日にちを決めて不要な写真の整理をしよう。記録として役に立たないもの、写真として失敗しているものは、潔く捨てる。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

自分の欲求をもうひとりの自分に断わらせてみる

モノと向き合ったときには、確認してからモノを家に連れ帰りましょう。確認もせず、モノを無意識のうちに家に入れては、またモノがあふれ、モノの意見も聞かずに処分する結果になります。 いただき物をするときでも …

no image

タイル、浴室などの日常の手入れ方法

浴室・タイルなどの日常の手入れ方法を紹介します。浴室に窓がなく入浴後湯気がこもる場合は、シャワーで冷たい水を浴室全体にかけておくとよいでしょう。壁のタイルは、浴室用洗剤をスポンジに付けでふき取ります。 …

no image

部屋の角のデッドスペースを有効活用するテクニック

・角のデッドスペースを有効活用 マンションなどでは、部屋の中に鉄骨の出っばりが多い。そのために、角に中途半端なスペースが余ってしまう。家具を置くにも狭すぎるようなこんなスペースは、コーナーシェルフで有 …

no image

ストーブの熱を利用する効果的な方法

・簡単にこの温度を活用できないものでしょうか。ストーブを使っていると、部屋の上部が温度が高くなっているのに気がつきました。 扇風機は夏だけしか使いませんが、壁掛け扇といって、壁の上につけて使う扇風機が …

no image

石鹸をあまり使わないからと溜め込んではダメ

・必要以上の石けんをため込んではダメ いつかかならず使うものだからという大義名分で、捨てがたいものの筆頭。お中元・お歳暮の定番であるせっけん。何かのお祝いのお返しや大売り出しの抽選で当たったなどで、た …