雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

車検に対応しないパーツは販売店に交換してもらおう

投稿日:2014年11月1日 更新日:

社外品には車検に適応しないパーツもあるから注意が必要だ。車のドレスアップは多額の出費が痛い。それだけに、中古車店で豪華装備の車を買えればかなりトクした気分になる。しかし、エアクリーナーのような吸気系の社外パーツは一切車検を通らない。

こうしたパーツがついていたら、車検をパスできるように変更してくれと依頼すること。また、世間でカラフルな色が目立つ車幅灯も、本来、白か淡黄色に限定されている。依頼すれば、純正パーツをつけてくれるが、もとの社外品パーツも、ちゃんと返してもらうことを忘れないようにしたい。噂では、たまに販売店が着服していることもあるようだからである。車検月が迫っているなら、購入と同時に車検をすませてしまうのもいい。

積載工具の確認

車の積載工具がもしなかったら、たとえ時間がかかってもいいからと、取り寄せを依頼するべきだ。車の積載工具といっても、いまは新車でさえジャッキアップ用のレンチ程度の、最低限のものしかついていないのがふつう。

逆にいえば、それだけに注意が払われず、なくしていることにさえ気がつかないままのオーナーがいるし、中古車ショップの側も、その確認にはけっして熱心ではなくなっている。なければパンクのときどう対応するのと抗議すれば、営業マンだって拒否はできい。もちろんジャッキ自体の確認も怠らないこと。せめて買う側はそのいいかげんさをやめ、ちゃんと積載工具の有無を確かめよう。

車の買取査定を上げる色々なポイント

取扱説明書の有無

取扱説明書のは、すぐに必要ではなくても、あとあとのことを考えて、販売店に頼んで取り寄せてもらおう。いざというとき、ないと困ってしまう。中古車を購入すると、取扱説明書がついていない場合がときおりある。

とくにリアタンクがある場合、場所がわかりにくいし、エンジンルームの各タンク類はどこにあるのか、積載工具の場所はどこなのか、ウィンドウォッシャー液の注入口はどこなのか分からないと困るだろう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

タイヤをチェックすると前のオーナーのクセが分かる

セールスのスタッフが傍に立ち、あなたの行動をじっと見ているだろう。プレッシャーを感じることもあるかもしれないが、ここはあくまでもマイペースを貫こう。問題点を先回りして説明したり、フォローしたりするかも …

no image

車の先進国、欧米は日本にどんな意識を持っているのか

クルマの先進国、欧米のユーザーは、クルマに対してどんな意識を持っているのでしょうか。これは日本車がどのように受け取られてきたかを見ると、その一端がわかります。欧米とひと口に言っても欧州人と米国人はかな …

no image

エルグランドの評価-高速道路ではドライバーも十分に満足できる

全高が1900mmを超えるLサイズのハイルーフミニバン、エルグランド。高速道路ではドライバーも十分に満足できる。背の高いLサイズミニバンだけに、居住性は良好。3列目もチープな造りではない。広い室内空間 …

no image

人身障害保険の加入を検討したほうがいい理由

人身傷害とは、事故で入院したときなどに、その事故にかかわるすべての人にほぼ無条件で最大の掛け額までの費用がおりるというもの。自動車保険といえば、かつては対人賠償と自損事故、無保険車傷害、対物賠償・搭乗 …

no image

ディーラーの営業マンの名刺はとっておくほうがいい理由

新車ディーラーでは、最初に接客した営業マンが半永久的な担当となるため、理由もないのに別の人から買うのは、マナー違反ともいえる。じっさいにその店で購入するのなら、なるべく名刺をくれた営業マンを指名するこ …