雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

社会的関心度に関わる犬のテスト

投稿日:

社会的関心度に関わるテストでは、犬が人間に関心をもち、進んであとに従い、行動をともにするかどうかが測られる。これによって、犬が社会的もしくは肉体的に服従や追従を強制された場合の反応が測定できる。テスト者は歌うように、楽しげなワンちゃん、ワンちゃんといった呼びかけをし、軽く手を叩いて大の気持ちを引きつける。少し大きくなった犬の場合、必ずワンちゃんに類した言葉を使い、名前や、号令や、犬がすでに学習していると思われる言葉は一切避けることがとくに肝心である。

すぐにこちらに来たが、テスト者に跳びついたり手を唆んだりくわえたりした、あるいはまったく来なかった場合は一点。ためらいながら来た場合は二点。犬がすぐにこちらに来た場合は三点。犬がテストのあいだ非常にびくついている場合は、テスト者はゆっくり犬に手をのばし、その匂いを嗅がせ、軽く頭や背中をなで、優しい言葉をかけてやってから次のテストに移る。

尻尾が高く上がっていれば

こちらに来ないのは、恐怖や社会的反応の低さを表し、訓練はむずかしくなるだろう。尻尾が高く上がっていれば、得点表のA欄にしるしを、尻尾が垂れていれば、しるしをつける。跳びつき、噛み、くわえる行動は攻撃的なしるしで、犬がのちに命令に従うのを拒否することを予測させる。おどしによって強制されなくても人間のリーダーシップを受け入れるかどうかも重要である。

ワンちゃん、ワンちゃん(犬の名前は使わない)と声をかけ、うながすように犬の脚か自分の脚を軽く叩いてから、テスト者は二、三歩歩き出す。テスト者は子犬のかたわらにそっと立つ。ここで、とくに少し大きくなった犬の場合、テスト者は呼びかけの言葉をワンちゃんなどに限り、つけ(脚側)おいで行こうなど犬がすでに学習していると思われる言葉は決して使わないこと。行動を橋正されたり、自分の嫌なことを強いられたときに、それを根にもつ、不満を爆発させる、すねる、などの行動に出る犬は訓練がむずかしくなるだろう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の知能と訓練性能に差があるかを調べたテストの結果

審査員たちが、犬種によって知能と訓練性能に差があることを認めながら、同時に犬の個体差が大きいことを指摘した。あらかじめ分析をおこなったあと、ある専門家は約二〇名ほどの審査員に電話をかけて補足取材をさせ …

no image

犬の聴覚や視覚の低下

一般的にいって、小型の犬は長生きで、老化現象も遅くまで現れない。老化の徴候が現れるのは、体重一〇キロ以内の小型犬では一歳半くらいから、体重一〇~二五キロまでの中型犬では一〇歳ぐらいからである。脳の質量 …

no image

母鹿が車に衝突して死んでいた

母鹿が車に衝突して死んでいた。 「前に危険を警告してくれたのと同じ、あの特徴のある声で鳴いたんだ」。サヴィジはトラックを停めた。サヴィジとサンデーがトラックで家路を急いでいたとき、またもサンデーが鳴き …

no image

犬の防衛本能-自分の縄張りが侵害されると感じれば誰でも威嚇

犬は有史時代の初めから防衛犬として使われてきた。古代ローマ人は隣猛な犬を家の近くに鎖でつないで飼っていた(犬をせまい場所に鎖でつないでおくと、その攻撃性が犬幅に高まる)。そしてローマ人の家の門先には犬 …

no image

ペットフードの消費量の農林水産省の統計

ペットフードの消費量の農林水産省の統計。 ペットフードは、どのぐらい消費されているのでしょうか。農林水産省の統計によれば、二〇〇三年度のペットフード流通量は約七九万トンで対前年度比〇・一二%増、出荷総 …