雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

何故社会的技能や対応力が知能と呼ばれる能力に数えられるのか

投稿日:

なぜ社会的能力や対応力が知能と呼ばれる能力のひとつに数えられるのかという疑問が湧くかもしれない。それに答えるには、意識の問題までさかのぼる必要がある。自分と同種のほかの個体と交わり、その行動を予測し、その動機や目標を推測し、ふさわしい配偶者を見つけ、子孫の行動を見守り、といったことは、ハンフリーによれば、動物が直面した中でも最も複雑なことがらであった。

この問題に関連して、ニコラス・ハンフリーを始めとする心理学者たちは、意識や高次の知能といえるものの多くは、まず最初は動物が社会的状況に対応できるよう進化したものだとしている。こうした問題に対応するべく、頭脳が多くの能力を開発したのも驚くにはあたらない。この世の中で必要なものをすべてそなえた動物がいるとしよう。動き回るための四肢、ものをつかんだり、運んだりする技能、周囲の環境から刺激や情報を受け取る優れた知覚組織、さらに加えて脳の中には情報処理や意思決定のための中枢がそなわっている。ただし、内なる意識の目は欠けている。

適切な社交の合図を送って反応する

この生物を、ほかの点ではすべてまったく同じだが、意識をそなえ、自分の心の状態を見通せる内なる目をもった別の生物とくらべてみよう。いずれも非常に知的で、欲望気分情熱といった感情行動も見られるだろう。純粋に行動的なレべルでは、ふたつの生物はほぼ見分けがつかないであろう。犬は、人間やほかの犬たちに適切な社交の合図を送って反応する(犬がこちらを見あげ、遠慮がちに尾を振って食べ物のおこぼれをねだるときなど)。

これらはいずれも対他的知能がそなわっている証拠である。対他的知能は、言い換えれば、コミュニケーションの基盤。対他的知能はまた犬がほかの犬を遊びに誘うときや、自分の欲求を人間に伝えようとするときなどにも示される。他者の存在を認めず、他者の行動が自分と直接関わりをもっと認めなければ、いかなるコミュニケーションも必要とされないだろう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

生物知能の一般因子はすべてに適応

英国の心理学者チャールズ・F・スピアマンである。彼の推論は、特定の知能を測定した個別テスト相互の関連性を調べたデータにもとづいている。彼は一九〇四年に客観的に計測および決定可能な一般知能と題する、今や …

no image

犬のしつけ「座れ」のやり方

犬のしつけには、タッチングというものがある。タッチングの効用は、定期的に犬の全身に触ることで、その身体の感触を通して、腫れ物や怪我などをすぐに発見できる点である。ある人が飼っているケアーン・テリアは、 …

no image

ソラージュというペット共生ビジネス

都市でペットと飼い主が快適に暮らすために、ペット飼育者は現在のような業態がばらばらなサービスではなく、ハード、ソフト両面を有機的に連携させた統今型サービスの提供を求めている(大手市場調査関係者)とかね …

no image

犬のしつけにはタッチングがおすすめ

飼い犬として最も望ましい性格を作りあげるための行動橋正プログラムには、タッチングというものがある。このタッチングは、母犬が子犬を証めたり触ったりする行為の模倣で、情緒的絆を確立するだけでなく、母犬が子 …

no image

母鹿が車に衝突して死んでいた

母鹿が車に衝突して死んでいた。 「前に危険を警告してくれたのと同じ、あの特徴のある声で鳴いたんだ」。サヴィジはトラックを停めた。サヴィジとサンデーがトラックで家路を急いでいたとき、またもサンデーが鳴き …