雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

現代社会がなぜここまでスタイルにとらわれているのか?

投稿日:

そりや、シーズンごとにトレンドものを全部買い込まなきゃ流行に遅れちゃうって焦りもするわよね。別に何から何まで買う必要なんてないのよ。でも、たとえば、stylecomではファッション・ショーのランウェイに登場した服が全部見られるし、その手のウェブサイトとかテレビ、新聞のコラム、ファッション誌にこれほどファッションが溢れているんだもの。元ハーパース・バザーシニア・マーケット・エディターで、ザ・ルック・オンライン編集長をしているマリリン・カーシュナーが認める。

私たちは首までスタイルにどっぶりだ。現代社会がなぜここまでスタイルにとらわれているのか、考えてみたことはあるだろうか?今日ではファッション、メディア、エンタテインメントの世界が衝突してアートと商業と芝居がかった見せ物のビッグ・パンを生み出し、うまい汁を吸い合っている。

企業が増えるにつれて効果のほうは薄れてしまう

大手テレビ局のゴールデンタイムに三〇秒のスポット広告を入れるとなると最低一五万ドルはかかるし、スーパーボウルみたいな大イベント中継に広告を入れる場合は、なんと二〇〇万ドルもすることがある。ヴォーグなどの主要誌の全面広告料は一〇万ドル以上することもある(大体八万ドルがいい線だろう)。従来の広告手段は料金が高いし、しかも、そうした類の広告を打ちたがる企業が増えるにつれて効果のほうは薄れてしまう。

テレビ番組の多くは、すっかり長時間の広告になってしまった。トレンドというのも、私たちの文化がますます商業主義的になっていることを示すほんの一例に過ぎない。企業側は、少しでも経費を浮かそうと、販売促進の代替手段を探してプレーンストーミングを行ってきた。その結果、自社製品をいろいろな舞台に登場させれば、従来のキャンペーンの足しになるし、売上にもつながることに気づいたのである。現代のメデイアやエンタテインメントにおいてファッションが果たす役割は非常に大きく、かっサプリミナルである場合も多いので、広告とそれ以外の境界があやふやになってきたのだ。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ボディイメージとはという問題と大きめサイズを受け入れようというテーマ

当時の女性誌としては画期的なコンセプト。一九九七年には、ボディ・イメージ問題と、大きめサイズを受け入れようというテーマにまるまる一号費やすことを決めた。なぜボディ・イメージは国民的強迫観念なのかなぜ私 …

no image

エコテロリズムの活動家

繁殖情報札が外されてしまったため、残ったミンクについても血統を証明するすべがなくなってしまった。つまり、血統がよくても高値で売れないわけである。血統書がないからには、残りのミンクから今後生まれてくる子 …

no image

デザイナーがスターをマネキンにしょうと思い立った

消費者は雑誌を表紙で判断することが多いので、ニュース・スタンドの売上に関して言えば、表紙が売れる顔かどうかが死活問題だ。ジェニファー・アニストンやレニー・ゼルウィガーなど、もともと細かったスターたちは …

no image

できるだけ自分の顔に合った色だけを選ぶようにする

キャミソールやチューブトップなど、インナーとしてのニットも活躍する機会が増えできた。インナーとして薄手のニットが活躍する。パリジェンヌは厚手のニットを好まない。なぜならば、秋から冬の主役はコートという …

no image

レザー生地-うまく使えば地味派手な女になれる

・レザーをうまく使えば地味派手な女になれる こちやごちゃ飾り立てていなくて、シンプルなのに華のある拾好の女性っていますよね。同じスカートとニットというコーディネートなのに、片や地味めで、片やいまっほく …