雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

しゃべりすぎてしまう人は味が薄くなってしまう

投稿日:

話というのは、しゃべりすぎるほど味が薄くなり、誤解の危険性も増してくるものです。危険なのは、だまっていればことを起こさないですむものを、いらないことまでしゃべりすぎるから、「キジもなかずば撃たれまい」という結果を招きかねない。いらないものを思いきりよく切り捨て、煮つまったエキスを話すようにしましょう。

話の効果は時間に逆比例する。しゃべる量で相手を圧倒しようとするのは愚かなことです。だいたいしゃべりすぎるとしまりがなくなり、焦点がほけてくるものです。

一般に話というのは、ある種のリズムを必要とします。音楽のようにだれでも共通のもので、楽譜に示されるような厳密なものではありませんが、耳になじみやすいリズムがあるものです。

お客さまや上位の人に対しては、正しい敬語が使えなければなりません。まちがったことばづかいになると、素直に耳を傾けるわけにいかなくなるものです。極端な場合は無視されるか、はげしい抵抗に遭うかもしれません。

しゃべりすぎと言葉づかい

しゃべりすぐによる問題以外にも、リズムをくずすのに、ことば自体が原因になっていることもあります。その一つは、上位の人に対する敬語や接遇用語が適切でないという場合です。ことばづかいで心しておきたいことは、相手との心理的な差をどう埋めるかということです。

新鮮味に欠けることもあれば、「またか」と興味を失わせてしまうこともあります。流行語をところかまわず使うのも、幼児性を表わしています。

だれにも仲間ことばで話したり、改まった場で品のないことばを使ったり、また学生用語や隠語など使うのは、聡明以前の問題です。同じことばを繰り返すのは、語彙の貧困が原因していることがあります。これでは相手に与える刺激を弱めてしまいます。

あるアンケートでも「正しいことばづかい、敬語の使いわけができる」「共通語を美しく明瞭に話せて、たいへん聴きやすい」などがあげられています。また、相手の心的変化をプラスにするようなことばづかいも、対話上手の必要条件の一つです。

しゃべりすぎたり、言葉遣いが間違っていると、相手を不快にさせてしまうこともあるので、気を付けたいところですね。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

自分の盲点をつかむ

自分の盲点をつかむ。多く読む自分が体験することには限りがあります。読むことでこれらをカバーでき、より深く広いさまざまな世界を知ることができます。書いてみる。書いてみると自分のあいまいさがよくわかるもの …

no image

心をつかむことができる距離

気持ちのよい会話には、ひとりでににじみ出るリズムがあるものですが、それに合わせて、歩き方にも感情の細やかな起伏につれて、目には見えぬほどの速さの加減があるものと見えます。ともに下を向くが、夫婦連れは、 …

no image

「変わってる」と「個性的」の違い

何年か前に違いのわかる男の〇〇〇、というコピーがTVでさかんに流れていました。違いのわかる男、はワンランク上であると言いたかったのでしょう。でも私にとっては違いを楽しむ男、のほうがワンランク上です。い …

no image

あなた自身もパーソナルな話をしましょう

彼が音楽好きで、あなたは音楽について疎い場合は、それもまたチャンスです。知らないことはせっせと彼に質問しましょう。WHAT、WHO、WHERE、WHEN、WHY。その五つの疑問詞を操って詳しく質問して …

no image

聞き手の様子を分析しておくことが重要

聞き手の様子を分析しておくことが重要です。聞き手はどんなことに興味、関心を持っているのかがわかれば、そこに合わせてメリットを訴えかければいいのです。たとえば、新製品Cでは、聞き手が写真を多く撮り、よく …