雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

しゃべりすぎてしまう人は味が薄くなってしまう

投稿日:

話というのは、しゃべりすぎるほど味が薄くなり、誤解の危険性も増してくるものです。危険なのは、だまっていればことを起こさないですむものを、いらないことまでしゃべりすぎるから、「キジもなかずば撃たれまい」という結果を招きかねない。いらないものを思いきりよく切り捨て、煮つまったエキスを話すようにしましょう。

話の効果は時間に逆比例する。しゃべる量で相手を圧倒しようとするのは愚かなことです。だいたいしゃべりすぎるとしまりがなくなり、焦点がほけてくるものです。

一般に話というのは、ある種のリズムを必要とします。音楽のようにだれでも共通のもので、楽譜に示されるような厳密なものではありませんが、耳になじみやすいリズムがあるものです。

お客さまや上位の人に対しては、正しい敬語が使えなければなりません。まちがったことばづかいになると、素直に耳を傾けるわけにいかなくなるものです。極端な場合は無視されるか、はげしい抵抗に遭うかもしれません。

しゃべりすぎと言葉づかい

しゃべりすぐによる問題以外にも、リズムをくずすのに、ことば自体が原因になっていることもあります。その一つは、上位の人に対する敬語や接遇用語が適切でないという場合です。ことばづかいで心しておきたいことは、相手との心理的な差をどう埋めるかということです。

新鮮味に欠けることもあれば、「またか」と興味を失わせてしまうこともあります。流行語をところかまわず使うのも、幼児性を表わしています。

だれにも仲間ことばで話したり、改まった場で品のないことばを使ったり、また学生用語や隠語など使うのは、聡明以前の問題です。同じことばを繰り返すのは、語彙の貧困が原因していることがあります。これでは相手に与える刺激を弱めてしまいます。

あるアンケートでも「正しいことばづかい、敬語の使いわけができる」「共通語を美しく明瞭に話せて、たいへん聴きやすい」などがあげられています。また、相手の心的変化をプラスにするようなことばづかいも、対話上手の必要条件の一つです。

しゃべりすぎたり、言葉遣いが間違っていると、相手を不快にさせてしまうこともあるので、気を付けたいところですね。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

うまく話すコツとはいったい何か?

楽しく話す。うまく話すなどは二の次です。ところが、現在は本末顧鋼して、自分を正すことがあとまわしになっています。PTAで司会役になったお母さんが、まだ先生の話が充分終わらないうちに、「何かご意見はござ …

no image

税所敦子の行動は聡明

税所敦子女史。彼女の行動は正に聡明な対応ということになりましょうか。ある会社の社宅に住んでいるMさんという人が、「私の失敗談」という話の中で、こんなことを話してくれました。 同じ社宅の奥さんでTさんと …

no image

最初に立てたメンタルモデルとの関連をチェックする

情報と、最初に立てたメンタルモデルとの関連をチェック。たとえば「次の話はテニスと関連があるのだろうか」と思うのです。関連なし。次の情報が、最初に立てたメンタルモデルと関連がないと判断されたら、処理は行 …

no image

近視眼的に見る錯覚

川の水が渦を巻き、逆に流れているように見えても、水は低きに流れて大海に注いでいるものです。近視眼的にものを見るのでなくあわてないで視点を変えて見る目を養いましょう。近視眼的に見る錯覚が、お互いの人生を …

no image

褒める効果は色々すごい

褒めるということは、立派な自己表現です。会話には反響が求められますが、その反響も褒めることがきっかけになります。友達の弾くピアノにうっとりしたら、すかさず褒めます。「あなたに弾かれて、ピアノがとっても …