雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

ストック食品の収納場所は決めておく

投稿日:

・ストック食品の収納場所は決めておく

最初の一袋を使ったものの、そのあとシンク下のどこかに入れ忘れてしまい、発見したときはしけっていたり、カビていたり賞味期限切れで、捨てるしかない。かつお節パックや海芸目、シイタケ、ワカメなどの乾物、ストック食品は、つい整理がいいかげんになる。こんな捨てるはムダの代表だ。このムダをなくすには、まず、乾物、ストック食品の入れ場所を決めること。そして、そのまま棚に突っ込むのでなく、透明で形のそろった密閉容器に分け入れて保管するといい。できるならば、その容器の側面に、入っている食品のラベルもつけておけば、扉を開けたとき一目瞭然。欲をいえば、棚の奥にしまわず、ひと目で中身が見られるよう、手前のスペースを食品用に確保できれば完璧である。

奥にしまい込んで死蔵させない方法

つい手前から新しく買った商品を入れていくため、瓶詰めや小さな容器などは一度奥へ入り込んでしまうと、うっかりその存在を忘れる。キッチンの棚やシンク下の奥と並んで整理しにくいのが、冷蔵庫の奥のスペースだろう。そして、やがて発見されると捨てられる運命である。これをなくすためには、市販の把手つき引き出しケースを使って、いつも奥まで見られるようにしておくのがおすすめだ。便利グッズ売り場で数百円から千円程度で買える。調味料を入れるトレーのようなもので、冷蔵庫の奥行きに合うものでも代用がきく。食品に関しては、捨てるものを少なくすることも、大切なのである。トレーごと引き出せば奥に入っているものも見やすく、うっかり使い忘れることもなくなるはずだ。

缶詰を崩れさせずに収納するコツ

ペットボトルを利用したホルダーをつくってみてはいかが。買い置きの缶詰。きちんと積んで置いてあるのに、取り出すときにガチャガチャとくずしてはまた積みなおす、なんて経験がきっとあるはず。カニ缶などの大きな缶詰には、1・5リットルのものを、ツナ缶などの小さいもの用には500ミリリットルのペットボトルを使う。上と下を切り取って筒状にし、さらに縦方向に幅2センチほど切り落として、上から見てC字型になるようにする。切り口で手を切らないように、ビニールテープなどを巻けばでき上がり。一つのホルダーで3~4個の缶詰が入るが、透明だから中身がすぐわかる。使うときは上から取り、補充するときは下から入れるようにすれば、うっかり賞味期限切れになって、ムダにしてしまうこともなくなるだろう。リサイクル・ゴミ収集に出すしかないペットボトルは、ほかにも収納に役立つアイデアがたくさんある。自分なりの使い回しを工夫してみよう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

鉛筆の処分-効率よい取捨選択

・鉛筆の効率よい取捨選択 達人はどんなものを使っているのかというと、濃く、太く、軟らかいというのが三原則らしい。社外、社内を問わず、すべてワープロやパソコンで作成した文書が流通している時代だが、鉛筆を …

no image

排水口にたまった髪の毛の掃除方法

・排水口に髪のがたまったら ニオイが気になったら、目皿を外して割り著などでたまった髪の毛を取り除く。排水口には目皿があるが、どうしても髪の毛などが流れ出て奥にたまってしまう。これが排水口から出てくるイ …

no image

ビスケットの粉がテーブルに散らばった

カップの底がぬれていたから紙ナプキンはくっついてビスケットの粉がテーブルに散らばった。最初から、お皿を使えばよかったじゃないかと思ってはダメ。面倒なことばかりの台所で、ちょっと一息なのだから。たっぶり …

no image

障子の種類や補修のやり方

・アイロンタイプ ロールを少し転がして張る位置を決め、様の1か所をアイロンで固定します。シワが残ったときは水を軽く吹いておきます。曲がらないように障子紙を広げ、まず四隅を固定します。余分な障子紙を切り …

no image

整理・整頓・清掃を自分でできるようになるためのある方法

整理・整頓・清掃を自分でできるようになるためのある方法。 不要なモノがあふれているという自覚があっても、整理・整頓にかかる労力や時間を想像すると、ああ、面倒。このままでもいいやとなってしまう。まずは、 …