雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

ストーブの熱を利用する効果的な方法

投稿日:

・簡単にこの温度を活用できないものでしょうか。ストーブを使っていると、部屋の上部が温度が高くなっているのに気がつきました。

扇風機は夏だけしか使いませんが、壁掛け扇といって、壁の上につけて使う扇風機が売られています。一般的には壁の上部にサーキュレーターをつけ、温度の高い空気を下に吹き出すように押し下げるのが一般的です。この壁掛け扇を冬も活用して、サーキュレーターの代用にしてみてはどうでしょうか。下に置くのではありませんから、場所をとらないということで、人気があるようです。

壁掛け扇を下に可けて使うというわけです。この場合、扇風機の角度は工夫して、直接暖かい風が体に当たらないようにしたほうがいいでしょう。この方法なら、サーキュレーターを買う必要もありませんし、扇風機も夏冬使えるわけですから、経済的でしょう。

トタン屋根にコールタールが塗ってあるため暑い

・コールタールの上にトタン用塗料は塗れないと聞きましたが、なにかいい方法がないものでしょうか。トタン屋根にコールタールが塗ってあるため、夏は大変暑いのです。

トタン用塗料には銀色といって、アルミニウムの粉末が入っているものがあります。粉末といっても、正確には鱗片状で、この塗料を塗ったとき、このアルミ粉が表面を並ぶように覆うため、黒いにじみがみえません。コールタールの上にトタン用塗料が塗れないわけではありませんが、塗ると塗料に入っているペイントうすめ液でコールタールが溶け、赤い塗料を塗ってもコールタールのにじみが出てしまうので、メーカーは塗れないといっているわけです。

鶏の産卵率を下げないために、鶏舎の屋根などにもよく使われているようです。熱線の反射率が高いため、銀色を塗ると、天井の温度が四度下がるといいますから、これを塗るといいでしょう。トタン用塗料のアルミニウムの粉末が入っているものは、ホームセンターなどで購入することができますので、探してみましょう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

比較的軽いものをつるとき

家の壁などに比較的軽いものをつるときには、市販の「タイル用フック」などで大丈夫ですが、重いものを取りつけるときやしっかりさせたいときは、「カールプラグ」を使います。ただし、コンクリート壁に下穴を開ける …

no image

名刺が誰のものなのかすぐに分かる保管術

・誰の名刺かわかる保管のコツ そのときは、どれがだれのものであるかわかっていても、時間が経過するとあのとき交換した名刺という記憶はあっても、どんな人だったか思い出せないケースがよくある。会議に出席した …

no image

衣類を筒状収納するというアイデア

・衣類の箇状収納でスッキリ 一つ一つ動かして丁寧に出せばいいことはわかっていても、朝の忙しいときには1秒だって惜しい。引き出しの中から、その日に着ていこうと思うトレーナーを引っばり出したら、上にのって …

no image

大きいものがジャマにならない収納ワザ

・大きいものがジャマにならない収納ワザ おもちゃ箱のなかにしまうにしても場所をとるし、それを取り出そうとして、ほかの小さいおもちゃを床にばらまいてしまうということもよくありがち。大きめのおもちゃは、買 …

no image

セメント瓦を塗り替える方法

・なにか手入れの方法がありますか。以前はブルーだったセメントがわらが、現在ではまったく色がなく、モルタル色になっています。 塗装がはげ落ちてしまったセメントがわらは、雨水がしみこむようになりますから、 …