雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

素敵な人をお手本にして真似してみるのも勉強

投稿日:

・素敵な人をお手本にする

撮影で、センスのよいある女優さんとお仕事をさせていただいたときのことです。彼女がはいできたジーンズが、とでもカッコよかったのです。似合う人を見ると素敵だなと思うのですが、いざはいてみると、自分が理想とするイメージと違い、カジュアルすぎて居心地が悪くって、少し前まてジーンズが苦手でした。なかなか自分に似合うものを、見つけられなかったのですが、ブラックデニムで、適度に色落ちしていて、ややワイドなシルエット。

こんなジーンズだったら、大人っぽくセクシーなジーンズスタイルをつくれそう。はいてみたいな、と、強く思い、思い切って、どこのジーンズですか?と、聞いてしまいました。その翌日、教えでもらったショップに行って、同じものを購入しました。思い立ったらすぐ実行でした。

あのとき女優さんのジーンズを真似してよかった

娘からも、ママ、ジーンズ似合うねと言われ、まんざらでもない気分。つくづく、あのとき女優さんのジーンズを真似してよかったなと思います。それからは、買い物中にジーンズを見ることも多くなって、いまでは六本のジーンズを着回しています。そのジーンズは、私の好きなプッチやヒョウ柄にもよく合って、私のワードローブにジーンズが仲間入りするきっかけとなりました。

いいと思ったものは、どんどん自分の中に取り入れる。そんな素直さがある人は、センスをものにするスピードも早いような気がします。私も、あの女優さんのジーンズを真似ることで、結果としてジーンズの着こなしを学ぶことができましたから、たとえ他の人が着ているものでも、心がときめいたのなら、真似するのもありかと思います。学ぶという言葉の語源は真似るという説があります。そして、真似たあとは、工夫して自分らしい着こなしを考えることが大切。でないと、ただのコピーで終わってしまいますから。

これは、ある女性スタイリストさんのお話ですが、マネをするということの大事さがよくわかりますね。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

プロモーションやキャンペーンが顧客を繰り返し引き寄せる

GAPやオールド・ネイビーでは、買い物をした時にその店のクレジット・カド(オールド・ネイビーの場合、ディヴァイン・ライムパワー・ショッパー・オレンジトゥルー・ブルーの三色から選べる)で支払えば、リベー …

no image

ハイヒールを履きこなすことができれば上モノはもうこわくない

ドレスもジャケットも、身にまとえば自然に肩に引っかかる布だから、重力の法則にしたがって自然にたれさがってくれる。ところが、靴は自分の全体重をのせ、なおかつかかとで地面をけって前に進むという、複雑でハー …

no image

アパレルマーケットが恐ろしいほど均一なものになるのは

デザイナーはみんなテキスタイル・フェアで生地を揃えるんだけど、そこに買い物に行くと、いきなりプリント生地のプースばかりが延々続いている、なんてこともある。すべてテキスタイル市場のせいなの。デザイナーが …

no image

未来のファッションはどうやら多目的に活躍するもののようだ

ファッション界が夢想する実用主義的未来では、実際に役立っかどうかはさておき、ジッパーやバックル、マジックテープ、プル・クロージャー、ストラップ、紐といった小道具が目白押しらしい。ラルフ・ローレンは、お …

no image

昔のファッションの形

土着の部族民が一五センチもの象牙の破片を鼻に通しているのを見て、西洋人はことさら驚いて見せる。でも、私たちの文化だって十分へンな慣習ばかりなのでは?不快というのは押しなべて相対的なものであり、私たちが …