雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

いらなくなったスポンジは処分してしまおう

投稿日:

スポンジが汚れてきたので新しいものを買ったが、それが夏の終わりごろで、たいして使わないうちに秋になってしまったなんてこともあるだろう。夏用ファンデーションで、水にぬらしたスポンジで塗るタイプのものがある。さてこのスポンジ。最近は専用洗剤も売られているので、きれいに洗ってしまっておけば、翌年の夏にも使えそう。そう思ってとっておきたくなるが、これは捨てるべきだ。使いつづけていればもつものでも、ほうっておかれることでかえって傷むものも多いが、スポンジもその一つ。翌シーズンまでしまっておくあいだに、乾燥によるヒビ割れが生じたり、洗い方が悪くてシミができたりして、結局捨てるハメになる。スポンジの目に見えない細かいヒビは、塗りムラをつくったり肌を傷める。シーズン終了と同時に処分したい。

高かったからを言い訳にしない

香水も、あまり時間が経過すれば変質することを知っておこう。けっこう高い買い物だったからと大切に使いつづけている香水があるというあなた。まず、封を切ると、ビンの開け閉めのたびに少しずつ蒸発して濃度が濃くなる。多少のことならかまわないが、あまり変色するまで置いておかず、1年くらいで使いきるのがベストだ。直射日光のあたるところに置いておくと成分が変化し、当然だが香りも悪くなる。そればかりか肌を痛めることもあるから、さっさとあきらめて処分したい。もちろん新品の保管場所には気をつけるべし。

肌に合わないものはきっばり捨てる

試し塗りもしたし、使い心地も試したはずなのに、自宅で使ってみると、なんだかしっくりこない。今年の流行色というCMにつられて衝動買いした口紅、新成分配合で肌が若返るとすすめられた化粧水。こうした化粧品は、いずれ使うだろうと思い直しても、まず手が伸びることはないはずだから、残しておいてもムダになるだけだ。高かったのにとクヨクヨしないで、きっぱり捨てたほうが、鏡台まわりがすっきりするだけでも気分がよくなりそうだ。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

階段のDIYや壁紙などについて

手すりは、階段の事故を防ぐために、絶対といっていいほど必要な設備です。既製の手すりセットもありますが、木の丸棒(ただし長さは180cm)を使ってのオリジナルな手すりなら、手触りも見た目にも優しい感じを …

no image

家具工房のアトリエを開いたある人

ある人は英国に留学して、本格的な「家具製作およびアンティーク家具の修復」に取り組んだという。そのころ日本で流行っていたのは、パインの家具だったようだ。女性誌では、白い部屋に大ぶりな無拓板のテーブルがお …

no image

キッチンペーパーは置き場所が肝心-ホルダーなど収納のアイデアを手作りで

キッチンペーパーは置き場所が肝心。キッチンペーパーの置き場所を色々と考えてみよう。 目玉焼きは、熱したフライパンに卵を割り入れれば成功したも同然だが、そこで殻を割りそこなって、コンロのわきに白身がこば …

no image

建築科を目指した女性の奮闘記

建築科を目指した女性の奮闘記。 汗ばんだほほに当たる風が、なんともいえず心地よい。生まれて初めて見る、屋上からの眺めは感動的だった。自分で自分のいれ物を作るなんて…。「これだ!これを仕事に …

no image

たこ足配線対策-コードは抜いておく

・たこ足配線のコードは抜いておく たまに掃除をしようとテレビを動かすと、ほこりまみれになったコードが絡まってしいる、なんていう家も多い。テレビ、ビデオ、ゲーム機と、いろいろな電化製品が集まるテレビ周辺 …