雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

スキーに子供といく場合、服装などの用意はバッチリと行う

投稿日:

クロスカントリー・スキーは、静謡で美しい自然と一体になれるスポーツ。しかも年長の子どもにとっては、冬のアウトドア技術をまたひとつ身につける機会でもあり、体力やテクニックを試すチャンスなのだ。自分のことよりも、子どものスキー体験を手伝う、そんな気持ちででかけよう。子供との思い出作りのため、そして、子供のスキーの腕を上げるため、親として色々と頑張りたいところです。日程は短く、そして楽しく!子どもの進歩に過大な期待をかけない。これが一番大切なこと。

体力がついているし、手足のコーディネーション技術もはるかに上だ。傾斜をこなすことだってできる。クロスカントリーにはないスロープ、アルパインにはない野趣が、ティーンの精神的ニーズを満足させてくれるだろう。子供が年長者になったら、テレマークを教えてはどうだろう。パウダースノーの林を滑降するのは、アルパイン・スキーとはまた違った魅力がある。レッスンを受講できるよう手配してあげよう。

自分のレべルに合わせて慎重に

テレマーク独特の、カカトが上がるギアが必要。気に入れば親とのスキーにも喜んでつきあってくれるはず。子ども用にはワックスレスのスキー板以外お薦めしない。近郊の降雪状況を確認して、装備購入かレンタルかを決めよう。子どもをキャリアで背負ってスキーするときは、自分自身がスゴ腕のスキーヤーであること。自分のレべルに合わせて慎重にトレイルを選び、日程をプランニングする。

サングラス、ゴーグル、日焼け止めクリーム、そして衣類で、子どもを強い陽射しから守ろう。そして、子供が寒さで体調を崩すことのないように、防寒対策もバッチリ行なおう。事前にその日の山の天気や気温をチェックしておいて、適切に防寒させよう。そして、たっぷりおやつを持っていき、休憩もひんぱんにとって、しかも日程は短くするのが、楽しいディトリップのコツ。子供と行く場合には、事前のしっかりとした準備が大切。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

アウトドア用の傘はどんなものがいいのか?

チャイルドキャリアにはひさしがついているものもあり、雨や直射日光をさえぎってくれるが、それだけでは十分とはいえない。親の気づかぬうちに手足や頭を雨ざらしにしてしまう赤ちゃんもいる。そんなときは傘を試し …

no image

とあるハイカー・クライマーの集いでのパネルディスカッション

子どもを作ることを真剣に考え始めたころ、とあるハイカーの集いでパネルディスカッションがもたれ、私達もスピーカーとして出席した、というある登山家。順番がまわってきて話し始めたとたん、感情が涙とともに張を …

no image

カヌー遊びでは子どもは安全装備をつけていることは絶対条件

カヌー遊びでは子どもは安全装備をつけていることは絶対条件。 カヌーで遊ぶ親であるあなたが、カヌーの基本をしっかりマスターしていること。子どもは安全装備をつけていること。それがカヌー遊びの条件だ。カヌー …

no image

カヌーツーリング-おすすめは慎重に慎重を重ねた気楽なプラン

カヌーツーリング。 子ども連れのツーリングには慎重に慎重を重ね、短期間の気楽なプランでスタートする。カヌーでは、なんといっても怖いのは、分不相応に野心をたぎらせている人。つまり無謀ということ。リスクの …

no image

コロラド・トレイルで谷間にキャンプを張ったときのこと

コロラド・トレイルで、谷間にキャンプを張ったときのことだ。1歳になる長男プライスの姿がしばらく見えない。包み込むように優しい風が、陽にさらされた髪と、長い羽毛のような花弁を揺らしていた。手にした花をそ …