雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

スキーに赤ちゃん連れで行く際のポイント

投稿日:

スキーというのは、土の上を歩くハイキングよりも、はるかにバランスが必要。赤ちゃんの防寒を徹底すれば、キャリアに入れてスキーを楽しむことも可能だ。ただし、赤ちゃんの大きさ、年、性格にマッチしたキャリアであること。生後数カ月という小さい赤ちゃんを、柔らかい布の前掛けキャリアに入れてスキーする人もいる。ジャケットをその上から着てジッパーを上げれば、赤ちゃんの防寒は完璧だ。

ただし、親が転ぶと、赤ちゃんも間違いなく雪のなかに突っ込む。バーモント州のハリス夫妻が子連れスキーを始めたのは、娘のハナちゃんが生後6カ月のころだった、とある人。ストラップがしっかりしていないため、ハナの体はごそごそ動き、背負っている父親のバランスが崩れて転倒。ケガがなかったのは幸いだが、不慮の事故にハナはその後ご機嫌斜めだった。よく彼らとスキーに出かけたが、一度ハナがキャリアから放り出されたことがある。山を降りてから両親は、迷わずもっと質のよいキャリアを買いに走ったという。

バランスをとろうとしているときに

実際バランスをとろうとしているときに、背中で赤ちゃんが突然動かれると、目の前が真っ暗になる。ただのナイロン紐をヒップべルトと称する厚顔無恥なキャリアがあるが、肩にかかる負担をちっとも軽減してくれないから、避けたほうが賢明だ。このテのキャリアを使っていて、うっかり転びでもしたら、赤ちゃんはキャリアから放り出され、大ケガすることだってある。

スキーの腕が確かな人でも、前掛けキャリアをしているときは平坦な場所にとどまってほしい。キャリア使用には、赤ちゃんが自分でしゃんと座れること、首が座っていることが条件である。荷重容量の大きいキャリアは、だいたい構造もしっかりしている。キャリアを体に固定してくれるチェストストラップや、赤ちゃんがキャリア内でガサゴソならないように締めるストラップはとくに大切だ。人は転ぶときとっさに手を伸ばして、衝撃から身を守ろうとする。それでも守りきれないことはあるから、赤ちゃんにとって危険なことに変わりはない。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

登山の持ち物リスト-必要最小限にしておこう

・持ち物のこと 個人の持ち物はどうでしょうか。たとえば行動中のフリースとは別に朝晩冷えるからといってセーターを持っていくとか、汚れるからといってタオルを何本も持っていく人がいます。これらだけみれば一見 …

no image

低山の山登りをする-興味深い自然の不思議が見られる魅力

低山は山頂を極めるのが簡単な山であることは確かだが、なかなか興味深い自然の不思議が見られるところでもある。まずは日帰り登山のエキスパートになろう。安善寺は標高が約二四〇mであるから、芳賀富士の高さ自体 …

no image

キノコの面白さは、形、色にある

秋のキノコ採り。人々が押しかけて、林内の景観はボロボロになる。林床は踏み荒らされ、ここかしこにキノコが捨てられている。食べられそうにないと思うと、採ったにもかかわらずそこに捨てる。 都会の人たちが大挙 …

no image

山登り仲間とともに山に登ろうということになって計画を任されたら

・実力と旬を見極めプランニングすべし 問題です。来月の日曜日に、仲間とともに山に登ろうということになって、計画を任されました。さあ、どうしましょう?登山経験が豊富であれば、山を決めるのはさほど難しいこ …

no image

アウトドアに出かける際の服装や持ち物

初夏のころ、ブナやミズナラの大木の幹の中では、盛んに水が吸い上げられている。そうした水音を聞きたい人には聴診器が必要だ。さらに長期にわたるウォーキングの場合には、用心深い人なら身分証明書や保険証を持っ …