雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

水洗トイレの水が止まらないとか出ないといったトラブルの解消方法

投稿日:

・トイレの水が止まらない

ゴムフロートに注目し、洗浄管との間にすき間が開いてないか、ゴムフロートが古くなってないかを確認します。タンクの中の水位でも故障箇所が推測できます。水位がオーバーフロー管より高ければ浮き玉かポールタップ、低ければゴムフロートに問題があります。まず止水栓を閉めます。これで水が止まらないときは、レバーの回転不良がないか。止水栓を閉めて少し経つと水が止まる場合は、浮き玉が外れたり古くなってないか、ポールタップのピストンバルブにゴミが付いたり摩耗してないか確認します。

・トイレのレバーをひねっても水が出ない

まずロータンクの中に水があるかないか見てみます。水がないようなら、止水栓が閉まってないか確かめ、閉まっていたら開きます。意外と多いのがこのケース。水があるときは、ゴムフロートとレバーをつなぐ鎖が外れているか切れています。つなぎ直すか交換します。浮き玉が引っかかって下がらなくなってないか。ポールタップのピストンバルブが汚れてないかを確認します。

トイレの水が流れない

トイレの水が流れない、止まらないなどの不調のときは、ロータンクをチェックします。家庭で使われている水洗トイレには、たいていロータンクが付いていて、ここから水を出し入れしています。ロータンクの構造は基本的には同じです。ゴムフロートが排水、浮き玉が給水の調節をし、適当な給排水が行われロータンクの水の量を一定に保っています。一度、ロータンクのふたを開け、それぞれを確認するとよいでしょう。

このとき、止水栓を閉めておくのを忘れずに。一回の使用でロータンク内では次のようなことが起こります。レバーをひねると、排水管の栓をしているゴムフロートが引き上げられて、排水が始まります。するとロータンク内の水位が下がり、浮き玉の位置も下がります。浮き玉には支持棒が付いており、ボールタップの弁につながっています。この弁が開き給水が始まります。排水が進み、水位が下まで下がるとゴムフロートが閉じ、排水も止まります。再び水がたまり始め、浮き玉の位置も上がり、やがて弁は閉じられ給水も終了します。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

観葉植物の葉っぱのツヤを出すには?

・観葉植物の葉っぱのツヤを出すには 室内に置いてある観葉植物の葉っぱが薄汚れていると、部屋の印象をよくするどころか、みすぼらしい感じすら与えることになるので、日頃から葉っぱのホコリを取り、きれいにして …

no image

本はメモをつけてから捨てるようにする

・捨てる時はこれをメモしておく 新しく本棚を買ってはまたそこに入れる本を買って、というのでは、ただただ本が増えてしまうばかり。本をよく買う人に限って、どうも本は捨てられないという。これでは狭い家がよけ …

no image

微妙に違う、だけで何枚も写真を残さない

・微妙に違う、だけで何枚も写真を残さない 撮ったら撮った分だけアルバムに貼りたくなるのが写真だ。撮影する人が入れ代わったとか、きちんと撮影されてなかったら困るといった理由から、同じ構図で何枚か写真を撮 …

no image

包丁まな板の除菌や衛生面などの注意点

菜ばしの収納場所は、調理台の引き出しや、菜ばし立てなどが多いようです。ぬれたまましまうと、傷みが早くなります。水気はよくふき取ってから、しまいましょう。汚れがこびりついていると、コゲや変色を引き起こし …

no image

すき間家具って両わきになにかないと自立できない家具みたい

縦長だから狭い場所だってへっちゃらです。「すき間家具」って、差別されてるようだし両わきになにかないと自立できない家具みたい。小さなころは、誰だってすき間が好きで、すっぽり収まる場所を、いつだって探して …