雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

似合うスーツネクタイの選び方

投稿日:

・似合うネクタイの選び方

ネクタイが似合うとはいったい何でしょう?もちろんいくつかの要素が複雑にからみ合って生じている現象だと思います。よくネクタイが似合ってるなあと言うことがあります。また、実際に日に出さなくても、心のなかでそう思うことはあるでしょう。でも、そのなかでももっとも大切な、基本的なことを言いましょう。実はトーン(色調)がいちばん重要な決め手なのです。色合いより、柄より、ブランドより、まず最初に、色の濃度が大切なのです。もっと分かりやすく言えば、色の濃度。

一般に淡と淡、中と中、濃と濃とを合わせるのは、たいへん難しい。というよりもおしゃれ効果がこの上なく薄くなります。大きく分けて、三つの濃度があります。淡色(ライト・トーン)、中間色(ミディアム・トーン)、濃色(ダーク・トーン)。つまり淡中濃です。そして言うまでもなくスーツにも大別して淡中濃があるでしょう。

必ず中や淡のネクタイを合わせる

色や柄がどうであれ、必ず中や淡のネクタイを合わせる。たったこれだけのことに気をつけるだけで、ネクタイが似合ってるなあと思わせる効果大です。トーンの重要性に較べれば、色や柄は二の次、三の次です。具体的な一例としてブルーのスーツを考えてみましょう。ライト・ブルーのスーツに淡のネクタイを締めてはいけないのです。逆に中なら良、濃なら最良となります。逆にダーク・スーツであれば、もうお分かりのように、濃のネクタイは注意深く避けることです。

この濃度のテクニックを心得た上で、色や柄へと進めば、さらにネクタイ効果が高まることは言うまでもありません。ポイントは、スーツと同じトーン(色調)のネクタイは避けること。ネクタイが似合うとは、もちろんいくつかの要素が複雑にからみ合って生じている現象だと思いますが、上記のようなことに気をつけていけば、似合うネクタイの選び方が分かってくるはずです。色々と研究をしていきましょう。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

下着選びに余念がないパリの熟女たち

ラ・ペルラからスーパーマーケット製品まで、パリのお店はセクシー下着のオンパレードだ。近所のモノプリ(スーパーのチェーン)で、すけたレースのランジェリーを選んでいる熟年マダムの姿を見るにつけ、この国の健 …

no image

流行りものが必ずしもオシャレとは限らない

・フツーから一歩抜け出すためには、頭をひねる 流行りモノがおしゃれだとは、限らない。おしゃれというのは、全身を流行のアイテムで固めることでもなく、ブランドものをたくさん持つことではないということ。でも …

no image

ブランドを身につける心得-分不相応な着こなし

・ブランドを身につける心得 ブルジョワの子どもたちは、生まれるとボン・ポワン(マドレーヌにある高級ベビ服店)のベビー服にくるまり、オールド・イングランドなどの子ども服を着せられ、やがて成人するころから …

no image

ホームパーティーでもおしゃれに決める

お酒は大好きです。でも、子どもがいるので、そうそう飲みにはいけません、というある主婦。その代わりに、我が家ではホームパーティーを、月に一回以上は開きますという。やはり、どんなときでもエレガントさは忘れ …

no image

厚底靴ブームに起こった悲劇

一九九〇年代の終わり頃から二〇〇〇年代初めにかけて日本を席巻した厚底靴ブームは、数多くの情けない事故を生んだが、なかには死者の出たケースもあった。一九九八年八月、東京の青葉学園短期大学でアパレル関連の …