雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

似合うスーツネクタイの選び方

投稿日:

・似合うネクタイの選び方

ネクタイが似合うとはいったい何でしょう?もちろんいくつかの要素が複雑にからみ合って生じている現象だと思います。よくネクタイが似合ってるなあと言うことがあります。また、実際に日に出さなくても、心のなかでそう思うことはあるでしょう。でも、そのなかでももっとも大切な、基本的なことを言いましょう。実はトーン(色調)がいちばん重要な決め手なのです。色合いより、柄より、ブランドより、まず最初に、色の濃度が大切なのです。もっと分かりやすく言えば、色の濃度。

一般に淡と淡、中と中、濃と濃とを合わせるのは、たいへん難しい。というよりもおしゃれ効果がこの上なく薄くなります。大きく分けて、三つの濃度があります。淡色(ライト・トーン)、中間色(ミディアム・トーン)、濃色(ダーク・トーン)。つまり淡中濃です。そして言うまでもなくスーツにも大別して淡中濃があるでしょう。

必ず中や淡のネクタイを合わせる

色や柄がどうであれ、必ず中や淡のネクタイを合わせる。たったこれだけのことに気をつけるだけで、ネクタイが似合ってるなあと思わせる効果大です。トーンの重要性に較べれば、色や柄は二の次、三の次です。具体的な一例としてブルーのスーツを考えてみましょう。ライト・ブルーのスーツに淡のネクタイを締めてはいけないのです。逆に中なら良、濃なら最良となります。逆にダーク・スーツであれば、もうお分かりのように、濃のネクタイは注意深く避けることです。

この濃度のテクニックを心得た上で、色や柄へと進めば、さらにネクタイ効果が高まることは言うまでもありません。ポイントは、スーツと同じトーン(色調)のネクタイは避けること。ネクタイが似合うとは、もちろんいくつかの要素が複雑にからみ合って生じている現象だと思いますが、上記のようなことに気をつけていけば、似合うネクタイの選び方が分かってくるはずです。色々と研究をしていきましょう。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

三つボタンが流行するまでの歴史

今のような上着の原型が完成するのは、19世紀後半のことです。そして直接のデザインとしては、軍服から市民服へと変化したものと考えられています。そういうわけで19世紀末の、初期の上着は四つボタンということ …

no image

百円ショップの活用上手なある主婦のお話

テレビ番組で百円ショップの商品を使った収納法などという企画がよく組まれていて、主婦の方々はいろんなアイディアを思いつくものだな、と感心します。残念ながら、私にはそういった才能はありませんが、最近、近所 …

no image

GAPってどこにありますか?いつでもどこでも誰にでも

世界のどこの街角でもGAPはGAPである。パリの由緒ある並木通りシャンゼリゼにあるGAPに入るのも、マイアミに新しくできたバカでかいドルフィン・モールのGAPに入るのも同じこと。ホルター・ネック前身頃 …

no image

プロモーションやキャンペーンが顧客を繰り返し引き寄せる

GAPやオールド・ネイビーでは、買い物をした時にその店のクレジット・カド(オールド・ネイビーの場合、ディヴァイン・ライムパワー・ショッパー・オレンジトゥルー・ブルーの三色から選べる)で支払えば、リベー …

no image

毛皮業界の状況を総括するのが難しい

ラルフ・ローレンのコヨーテの帽子。オスカー・デ・ラ・レンタのフォックスのショート・ジャケット。フェンディのシアード・ミンク・コート。一九九九年には、『ヴォーグ』イギリス版のアレクサンドラ・シュルマンが …