雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

想像力で相手との距離を測る

投稿日:

上司や年上の人に対しては、失礼のないようにきちんとした言葉で話したい。では距離はどのくらい取ったらいいのか。初対面の人。二度目に逢う人。仕事関係の人。友達の友達。兄妹の連れあい。両親の友達。話す相手によって、会話の距離の取り方が変わります。距離の意識に気をとられてばかりいると肝心の会話のほうが途切れがちになります。敬語の使い方が混乱するのもそういう時でしょう。

もし、初対面で、彼って感じがいいな、また逢いたいわ、という気持ちになったら、適度な距離はきちんと置いたまま、表情やゼスチュアで友好気分を伝えます。一足飛びに距離を縮めることが、親しさの伝達ではありません。時間と空間を使って着実に親しさを育てていけば、自然に距離は狭まるはずです。その間に交流した想像力が、これからの二人の関係を豊かにします。

接近しすぎると厚かましい印象を与えそうだし、だからといって距離を置きすぎると堅苦しいムードになります。そんな時、この関係にはこの距離を取るべしというルールはありません。あなたのこころで測るのがいちばんです。では、こころのどこで測るのかといえば、それは想像力です。

想像力はブリッジ

想像力はブリッジです。「彼のファッションって想像力があっていいわ。古着なんか買ってきて、自分流にアレンジしちゃうの」「彼女の想像力ときたらずばぬけてるよ。部屋の壁も自分で塗っちゃうし、電気スタンドも手作りで、いいセンスしてるんだ」生活習慣の上で大いに活躍させている想像力は、会話にも取り入れることができます。

想像力というのは、過去の経験などを再生したり組みあわせたりして新たな心像を作りだす力のこと。人との距離を読みとり、二人のこころに橋を架ける。恋人と喧嘩をした時、原因はほんの比三細なことなのに、それをきっかけにして一人の距離かグーンと遠くなてしまうことてありますよね。それは見知らぬ人との距離以上。そこにブリッジを架けられるのが想像力です。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

大宇宙、自然の力からすると人間なんて微々たる存在

私たちはともすると、どんなことをしても何もいわれないならよい、と油断しがちです。人が見ていない密室だから賄路を受けとる人もいます。国民にわからないからくりで、政治献金の源である、ある業界の利益のために …

no image

何をやってもつまらないなら

以前、ある女性誌で『何をやってもつまらない時、いったいどうすればいの?』と題した特集が組まれました。「自由で気ままなひとり暮らしのはずなのに、つまらないと感じている人が多いんです」と編集者は言います。 …

no image

タイトルをつける基本は5W1H

一般に、話し手が持つ「聞き手にこのように伝わるのではないか」というイメージと、実際の聞き手の印象は、かなりずれが生じます。話し手の持つイメージは、プラスあるいはマイナスにかなり偏る傾向があります。話し …

no image

他人の言葉の持つ力とその影響力

ある話し方教室の会話クラスではさまざまな個性の人たちが言葉を交わします。それによって、外見は静かなイメージの人が内側に激しい感情を秘めていたり、斬新な価値観を持っていたりすることがわかります。自分だけ …

no image

日本人と西洋人は顔の骨格の違いで表情も違う

将来、日本人の生活が変わってくるにつれて、果たして表情にも変化があらわれてくるものでしょうか。いつかは変わってくると思いますが、まだまだ先のことでしよう。相手と真正面に向き合うことも、斜に構えることも …