雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

創造的欲求は文明公害時代に無条件に肯定することはできない

投稿日:

一般に本性とみられている働く衝動、創造的欲求等々すら、この文明公害時代に、無条件に肯定することはできなくなっています。「富をうるために働くんだ」はもちろん、「働きたいから働くんだ」という気持も、批判の余地がでてきています。働く動機づけが、人類全体の現在および未来にとっての意味に求められないかぎり、今後の産業公害等をチェックし、人類社会が自らの道を自己統制していくことはできないでしょう。

たんに窮屈なタテマエからでなく、意味ある仕事に没入できるとすれば、それは開かれた共同意識の育ちと不可分のもの。資本主義の初期には、むしろ利己的な欲望や競争心によって、ともかく好きなように働くことが、社会を発展させてきたかにみえます。しかし生産が発達した現在では、利己心と自由競争は、むしろ差別、闘争、ひいては戦争にまでつらなる原理だといわなければなりません。

実は、社会の矛盾に立ち向かう社会運動も、たんにモノトリ本能や、反対闘争でなく、しだいに人類全体の立場に立っていかなければ、運動自体が、公害をうみ出すようなことになるかもしれない。

客観性、普遍性をそれなりに尊重しつつ

客観性、普遍性をそれなりに尊重しつつ、主体的、個別的な、一回かぎりの体験をとらえていこうとする姿勢です。そういう意味では、芸術との接点にもなってくる。自由な欲望追求の資本主義経済がいきづまるのと同じく、我執を前提とした闘争や、力には力をの論理によって、民衆の社会を築きあげていくといった発想だけでは、個人的にも社会的にもいきづまりができてしまうでしょう。

民衆のための偉大な闘争が、自己をこえた人々の忍耐強い、つねに民衆全体に日を向けた活動によって実を結んできたと思いたい。資本主義の興隆から社会主義闘争を通じて支配してきた力の原理は、今日なお多くの矛盾を止揚するやむをえない道ではあります。しかし、それが少しずつでも、人類全体の立場に立った無私の活動にところをゆずっていかないかぎり、人間回復の原点は見失われるのではないでしょうか。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

日常生活で自己の存在が疑いないようにみえるのは

あやふやな自己であるにもかかわらず、日常生活では自己の存在が疑いないようにみえるのは、ひとつには、知覚の恒常現象が働いて、自分に同じようにかかわっているものは、よほど変化していない限り同一に知覚する傾 …

no image

頭の回転の速い理論に興味津々

いちばん印象に残っているのは、スキャン後の面接で彼が口にした言葉だった、とある研究者。彼が装置から出てきたとき、どうだったかと声をかけると、彼は、「もの足りない気分だ」と答えた。 バーバラにとっては初 …

no image

森で暮らしていたわたしたちの祖先

森で暮らしていたわたしたちの祖先に、好きなタイプの相手がいたはやがて人間の恋愛感情へと発達する、親近感のようなものである。人間が、いまのわたちと同じような、新たな精力とともに人を愛するようになったのは …

no image

居場所のない異常な心細さと不安

彼女の父は、彼女の母親を結婚しないまま見捨てた。彼女は私生児であった。しかも、頼りにすべき母親も精神病院に入院し、施設や里親先を転々とし、十四歳で初めて安定した家庭に落ち着くことができた。その間に彼女 …

no image

ドーパミンと愛の感情

愛の記憶をつかさどるーノルエピネフリンドーパミンから派生した化学物質ノルエピネフリンもまた、恋する者の高揚撃に貢献していると考えられる。ノルエピネフリンの効果は、脳のどの部分で活性化するかによって、さ …