雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

相続税とはその財産にかかる税金

投稿日:

相続税は、もらった財産をおおむね時価で評価し、それに対する税金を、相続したときから六ヶ月以内に、原則として現金で納めなければなりません。

相続税とは、個人が法定相続(民法に定められた順位に従って、法定された割合を相続する方法)または遺贈(民法に定められた条件を備えた遺言に従って財産を分ける方法)によって、亡くなった方(被相続人)の財産をもらったときに、その財産にかかる税金です。

相続税とはどれくらいかかるものなのか。意外に多いでしょうか、それとも大したことはないでしょうか。いずれにせよ、ここで留意しておきたい点が一つあります。一つは、いまあなたが大体の見当をつけた相続税の数字は、現時点のものだということです。今後、年とともに収入もふえ、社会的地位も高まり、資産価値も増大していきます。それに伴って、相続税もいわば毎日成長(増大)していくということです。

現金、預金は意外に少ないもの

相続税は累進課税なので、財産が多いほど税金も多く、それを現金で納付しなければならないのに、資産家といわれる人でも財産には不動産が多く、現金、預金は意外に少ないもののようです。そこで遺族(相続人)が相続税を納めるために不動産を売却するとなると、住むところがなくなったり、売り急いで買いたたかれたり、条件が悪いとなかなか売れなかったり、いろいろ苦労が多いものです。やっと売れても、遺族はその売却代金に対する個人所得税を徴収されるため、使える財源は売却代金からその所得税を差し引いた残りだけで、そのなかから相続税を納めることになります。

相続に関して、生命保険は、少ない掛け金で相続税支払いのための資金準備がすぐできること、遺族が直ちに確実に現金を手にすることができること、などのほかいろいろ有利な点があり、相続(税)対策として非常に利用価値の高いものといえます。

この税金は遺族が現金で原則として一時に納めなければならないものです。この意味で、相続税は、遺族の生活費のように毎日何がしかずつ使っていくお金とは違う性質のものです。元気だと思っていても、ときとして、災害などで突然亡くなることがあり、したがって相続税問題も突然遺族をおそってきます。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

死亡保障額の一生涯安定した確保されているのかチェックしよう

まず、いま加入しているあなたの生命保険は、この点から見て、先細りしないで一生涯安定した死亡保障額が確保されているのだろうか、点検してみていただきたい。そうでない保険があまりにも多いからだ。 自分の加入 …

no image

定額型年金保険とは近いうちにたくさんもらおうという考え方

定額型とは、なるべく近いうちにたくさんもらおうという考え方といえます。年金が開始されてから二十年くらいたって、ようやくそれまでの受取総額が定額型を上回るようになりますが、定額型では初めの方でたくさん年 …

no image

相続に関しての生命保険の利点は?

相続に関して生命保険の有利な点は、わずかな掛け金で多額の準備がすぐできること、相続の時点で現金がはいること、のほかに、受け取る保険金が、法定相続人一人につき五百万円を乗じた金額までは非課税であることで …

no image

保険ニーズの基本を知ろう-オールマイティーの保障

子供に対しては学業が終わるまで、または独立するまで、〇〇万円というように、家族の一人ひとりについて目的と目標が違ってくる。であるのに、あなたの家庭では夫(またはお父さん)を被保険者とする保険が一本では …

no image

国民年金基金や厚生年金基金などについて

年金の種類にはどのようなものがあるのか、以下にその一部を紹介します。 ・国民年金基金 国民年金基金には、都道府県単位で設立する地域型基金と、同業種単位で設立する職域型基金とがあり、自営業者はいずれかの …