雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

相続に関しての生命保険の利点は?

投稿日:

相続に関して生命保険の有利な点は、わずかな掛け金で多額の準備がすぐできること、相続の時点で現金がはいること、のほかに、受け取る保険金が、法定相続人一人につき五百万円を乗じた金額までは非課税であることで、この点は銀行預金や株式にない生命保険だけの優遇措置です。

たとえば、亡くなった夫の死亡保険金の受取人が妻で、妻が二千万円受け取った場合、子供が二人いれば、保険金を受け取ったのが妻一人でも、その一千万円から五百万円の三人分計一千五百万円の控除が受けられ、妻の相続財産としては五百万円しか計算にいれられません。したがって、同じ金額の財産でも、保険金の場合、相続税が大幅に軽減されます。

相続税対策のために生命保険の利用を考える場合、問題は自分の亡くなったあとのことですから、この目的のために利用する保険種類は、亡くなった場合だけ保険金が支払われる定期保険や終身保険、それに定期付養老保険や定期付終身保険などの大型保障保険などが主力となるでしょう。自分の年齢や必要金額、保険料負担力との関係から、満期受取金の楽しみもある普通養老保険の利用も考えられます。

相場観に関係なく財源捻出のため売却

株式でも高いときはよいのですが、低迷状態のときでも相場観に関係なく、財源捻出のため売却しなければならなくなります。そこで、遺族が相続税の支払いに困らないよう、またせっかくの資産を処分しないですむように、相続を必要とする事態が発生すればすぐに現金で保険金が支払われる生命保険に、相続税対策として大へん利用価値が出てきます。

また上記の例で、保険金受取人として妻に八百万円、子供二人にそれぞれ六百万円ずつと指定しておけば、全員が五百万円ずつの保険金控除が受けられます。要するに、相続人が受け取った保険金については、保険金を受け取った相続人全体(したがって保険金を受け取った人が一人なら一人)で、五百万円×法定相続人数の金額を非課税にしてもらえるのです。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

転換-生命保険で保障を大きくしたいならば

保障を大きくしたいならば、保険をまるごと転換するのではなく、必要な部分だけを増やします。たとえば、子どもが独立するまでの20~30年間の保障が欲しい、結婚を機に保障額をあつくしたい、というように、いつ …

no image

保険は収入保障保険がおすすめ-保険料が安くなる

~定期付き終身保険をもっと安く~ 更新型のメリットを利用する方法はないでしょうか。定期付き終身保険には更新型と全期型があり、そのなかでも更新型が多くの人が加入している保険です。更新型のメリットは、定期 …

no image

離婚したら保険はどうすればいい?シングルマザーの悩み

「子どもを離婚して引き取りました。保障はどうすれば・・」 今すべきことは、児童扶養手当が減額されるまでに、ご自身の実生活の基盤をしっかり作ること。一家の大黒柱なのですから、この先もしっかり働けるよう、 …

no image

養老保険とは?あらゆる保険種類の中で貯蓄性が一番高い

養老保険とは?あらゆる保険種類の中で貯蓄性が一番高い。 養老保険は、幅広い利用価値のある保険。養老保険の特徴や、養老保険の長所でもあり短所でもあるところは、あらゆる保険種類の中で、貯蓄性が一番高いので …

no image

生命保険の営業マンからの情報は加入者の利益のための情報か

営業員からの情報は保険会社に都合のいいことが多いという声をよく聞く。営業員からもらう情報は、おうおうにして保険会社寄りの情報が多く、加入者の利益のための情報とは限らない。それは、会社の営業員という立場 …