雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

痩身願望ファッションは本人をどんどんとむしばんでいく

投稿日:

ファッション・ヴィクティムの痩身願望は、しばしば本人を配んでいく。タ食で二本目の鶏ももに手を出してしまってカロリー過多になれば、翌朝の朝食を抜いて帳尻を合わせる。レストランでは、一応マッシュ・ポテトも小さじ一杯分ほど食べる(そうすれば、不健康な低炭水化物ダイエットを徹底しでやっているわけではないと主張できる)。その不安は、プロの助けを薦めるほど深刻ではなくても、日々重く心にのしかかっているものだ。サイズ・ダウンするためには、何回ランチを抜けばいいの。

私の場合は何時間トレッドミルに乗らないといけないんだろう?彼女はこんなことを考える。ケイト・モスとかフランキー・レイダーって一体何食べてるんだろう?ジェリ・ハリウェルやジャネット・ジャクソンの腹筋運動のノルマってどれくらいなのかな?彼女は我を忘れていることの責任を転嫁できる対象があることが嫡しいのだが、その気持ちは不思議な表れ方をする。

サイズ・ダウンできれば幸せになれるよときくけれど

内なる声はサイズ・ダウンできれば幸せになれるよときくけれど、現実にひとつ小さいサイズになっても同じメッセージを繰り返す。彼女は自分のボディ・イメージに関する苦悩をファッションのせいにしつつも、なぜか忠実なファッション信奉者であり続ける。それでも、ファッション・ヴィクティムの自己犠牲はまず実を結ぶということがない。さらにまぎらわしいことに、自分の体はまだまだダメだという思い込みを私たちにいつまでも刷り込み続ける当のファッション業界が、自分の体を愛そうというポジティブなメッセージをちらつかせ始めている。

そんな時が来ても、ただ物差しが調整されて新たな水準が設定されるだけの話で、これで終わりということは絶対にないのだから。望みどおりのサイズが楽に着られるようになる日が来れば、うっとりと満足げに鏡を祀き込み、もう二度と自分をダメ人間だと思わずに済むようになるのだろうか?残念だけど、それはなさそうだ。しょせん、骨と皮だけで肉がゼロになるまで腹せ衰えることが目標などという人間に、幸福なんて訪れるわけがない。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ピーコートを着こなして颯爽と歩こう

・ピー・コートを着て颯爽と歩く ピー・コートは本来、甲板の見張りに立つ船員が着たものです。寒風吹きすさぶ夜にも見張りはあるわけですから、完全防寒を目的としています。まるで上着のように羽織るコート、とい …

no image

モデルの存在-絶対に手の届かないような姿かたち

今では古典となった研究だが、スタンフォード大学の大学生と大学院生を対象とした調査では、女性誌を見た後で自分の外見に劣等感を持った人は六八%に上ったという。ファッション誌は、かなり前から摂食障害の研究分 …

no image

邪悪だと言われるトレンドを健康に悪いものとして表現

国民一〇〇万人のうちなくとも四分の一がHIVに感染しているスワジランドでは、同じ理屈で、政府官僚が、国内のエイズ豪延はミニスカートのせいだと発言している。この国は一九六九年に道徳上の理由からミニスカー …

no image

女性は若さが魅力だとは限らない

・若さ=魅力、ではない 知り合いの四十代の女性が、ダイエットに成功し、スリムな体型を手に入れました。それで勢いがついて、今度は美容整形に挑戦。変身後は、たしかに五~十歳は若返ったと思います。リフトアッ …

no image

素敵な人をお手本にして真似してみるのも勉強

・素敵な人をお手本にする 撮影で、センスのよいある女優さんとお仕事をさせていただいたときのことです。彼女がはいできたジーンズが、とでもカッコよかったのです。似合う人を見ると素敵だなと思うのですが、いざ …