雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

ソ連の行動を純粋に防御的とも言い切れない問題

投稿日:

冷戦期を通じて、ソ連は決してヒトラーのように好戦的でも無謀でもなかった。にもかかわらず、ソ連の行動を純粋に防御的とも言い切れない問題が、いくつかあった。ペロポネソス戦争でもわかるように、2極化した世界では、攻撃を防衛から区別することは、きわめて困難である。

ソ連は注意深く機会主義的であって、無謀に冒険主義的ではなかった。冒険主義は共産主義に対する罪とみなされていた。というのも、それは歴史の軌道を逸脱させてしまうかもしれない。

ある種の行動は防御的な動機に基づいてとられたかもしれないが、相手にはすこぶる脅迫的に映るかもしれない。さらに、防御的な拡張主義や帝国主義には長い伝統がある。たとえば19世紀にイギリスは、本来はインドへの海洋路を防衛する目的でエジプトに侵攻した。エジプトを獲得すると、イギリスはエジプトを防衛するためにスーダンを獲得しなければならないと考え、次いで、スーダンを防衛するためにウガンダを領有すべきだと考えた。

ソ連の力を封じ込めるのか

ソ連の力のいかなる拡大をも防ぐために資源を用いるのか、それとも、バランス・オブ・パワーにとって重要と思われる主要地域でのみ封じ込めを試みるのか。アメリカの目標はどうか?冷戦期を通じて、アメリカ政府はソ連の封じ込めを望んだ。だが、封じ込め政策は2つの大きな曖昧さをともなっていた。1つは目的に関するものである。ソ連の力を封じ込めるのか、共産主義を封じ込めるのか。2つ目は手段に関するものである。

ウガンダを獲得した後、イギリスは、ウガンダ防衛のために鉄道を建設すべく、ケニアを領有した。安全保障のジレンマは拡張に次ぐ拡張を正当化しがちであり、食べ続けるうちに食欲は増進する。これに加えて、ソ連共産主義は世界各地で労働者階級を解放するというイデオロギー的動機をもたらし、拡張をさらに正当化した。つまり、冷戦期を通じて、ソ連は拡張主義的であったが、同時に慎重かつ機会主義的だったのである。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

フアン・ビセンテ・ゴメスを擁立

ウィルソンの時代には、アメリカの勢力範囲はまだ限定されていたが、ウイリアム・ハワード・タフト大統領はこう予見した。西半球全体が実際に我々のものになる日はそう遠くはない。何しろ、我々の民族としての優越性 …

no image

ネグロポンテは対テロ戦争では国連で外交面を監督する役に抜擢

西半球で二番目に貧しい国(ハイチに次ぐ)に転落し、やはり富の一極集中世界記録を樹立しているようなグアテマラと、少しでも差をつけようと競い合っている現実。9・11の残虐行為はハルマゲドンとして糾弾される …

no image

ニカラグアはアメリカの近くにある国でテロを拡大させる危険な存在だった

ニカラグアはアメリカのすぐ近くにある国なので、テロを拡大させる媒介としては並み外れて危険な存在だった。ニカラグアに対する攻撃は、一九八一年にレーガン政権が発足した時、主に国家支援のテロリズムを標的とし …

no image

一対一の土地交換と国境に沿った領土の分割の問題

一九九〇年代に、ヨルダン川西岸を事実上、二分させようとする明確な意図で企図された。交渉はイスラエルの選挙前にバラクによって中止され、暴力事件がエスカレートしたため、その後は再開されず、従ってそれがどの …

no image

北朝鮮がイラクから核抑止力が必要だという教訓を学んだのは間違いない

二〇〇二年も終わりに近づいた頃、米国政府は世界各国に危険な教訓を与えていた。アメリカから自国を守りたいのであれば、北朝鮮をまねて、無視できない軍事的脅威を示すことだ、と。北朝鮮がイラクから核抑止力が必 …