雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

宇宙

ソ連の火星に対する関心は非常に高い

投稿日:

ソ連の火星に対する関心は非常に高く、残念ながら失敗に終わったが、八八年七月には火星探査機フォボスを打ち上げており、九〇年代にも新たな探査機を幾つか火星に送り込む計画を立てていた。

NASAはスカイラブ計画で、一九七三年から七四年にかけて八十四日間にわたり、三人の宇宙飛行士を宇宙に長期滞在させたものの、その後、同様の実験は行なっていない。

しかしソ連では、宇宙ステーションアミール、によって、八二年に二百十一日間、八四年に二百三十七日間、八六年には三百二十六日間と、宇宙滞在記録を大幅に更新しており、これは明らかに火星への有人飛行を前提とした実験である。

それにしても宇宙開発には巨額の予算が必要である。八九年のNASAの予算は百九億ドルで、これは連邦政府予算総額の一パーセントを少し超えているが、ブッシュ大統領の宇宙政策を推し進めるとすると、二〇〇〇年には二百八十億から三百二十億ドルが必要だとされている。

アメリカの宇宙ステーション建設計画に対し

日本はアメリカの宇宙ステーション建設計画に対して、ヨーロッパ十一カ国およびカナダとともに予算の拠出に合意しているが、経済大国、技術大国、として宇宙開発に果たしている役割は、まだまだ小さなものでしかない。日本もたしかにかなり頑張ってはいるのだが。

こうした事情はソ連も同様で、火星への有人飛行計画については「米ソ協力で進めたい」というソ連側の呼びかけもあった。ソ連は先のフォボス計画で、フランス、西ドイツなどヨーロッパ十一カ国と協力関係を結んでおり、加えて米ソ協力が実現すれば、宇宙開発に関して「世界は一つ」になることができる。

一九六〇、七〇年代が人類の宇宙開発史の第一期だとすれば、一九九〇年代から二〇〇〇年代は、明らかに第二期となるだろうと言われていた。第一期がアメリカとソ連の月到達競争であったのに対し、第二期の目標は火星であり、米ソ対決から協力へ、さらに先進諸国の宇宙計画参加を特徴とする。

このような新しい展開のなかで、経済的にも技術的にも大きな力を持つ日本が、どう積極的に対応していくのだろうか。今後、日本がどのように動いていくのか、楽しみなところである。

-宇宙

執筆者:

関連記事

no image

トーマスクーンと科学革命など

トーマス・クーン、アメリカの科学史家。クーンはパラダイム概念を「広く人々に受け入れられている業績で、一定の期間、科学者に自然に対する問い方と答え方の手本を与えるもの」と定義した。つまり、ある時代、パラ …

no image

アインシュタインが日本を訪問して熱烈なブームをおこした時

当時アメリカでは三〇〇〇字以内でうまく相対性理論を説明したものに五〇〇〇ドルの懸賞金を出した雑誌もあったという。現代の社会を成り立たせている分業体制のもとでは、さまざまな専門性を担う人々がお互いの役目 …

no image

インフレーションの加速膨張

素粒子物質では膨張すればこれらの物質の密度は減少しますが、真空エネルギーの場合は膨張してもその密度は薄まらず一定です。このため空間体積が増加するにつれて、真空のエネルギーは大きくなってきます。さらにイ …

no image

ブラックホールは何故強い重力を持っているのか?

ブラックホールという名前は、いろいろと誤解をされやすい名前です。でも実にうまい名前です。物理の方では、「吸収」するということをブラック、と表現するんです。黒体放射とか。吸収するだけですからブラックホー …

no image

アポロ10号の月着陸船

月着陸船の飛行実験の成功を受けて、六九年五月十八日、アポロが月へ向けて飛び立った。トム・スタフォード、ジョン・ヤング、ジーン・サーナンはいずれもベテランの宇宙飛行士であり、彼らの任務は、実際に月面へ降 …