雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

ソ連をそそのかしアフガニスタンを侵攻させる狙い

投稿日:

ワシントンにいる現職者が取り組んだ活動の一つは、よく知られるようになった。一九八〇年代にCIAとその関係組織がイスラム過激派を募り、正規軍及びテロリスト部隊としての組織化に成功した事実だ。初めのうち、指導者のために練り上げられたイメージは、これまでとさほど異なるものではなく、使われる言葉も同じくらい熱をおびていた。例えば、全ての国家は結束しテロの害悪と戦わなければならない(レーガン)というお題目である。一九八八年の国防総省の報告によれば、ANCは札付きのテロリスト・グループの一つだった。

カーターの国家安全保障担当補佐官だったズビグニュー・ブレジンスキーによれば、ロシア人をアフガンの罠におびき寄せることであり、初めは秘密工作によってソ連を唆し、アフガニスタンを侵略させることだった。その結果のアフガン侵攻に対し、カーターとブレジンスキーがとった対応は、見識豊かなアナリスト、レイモンド・ガートホフによれば、ソ連の介入の決断に対する完全な誤解に基づいていた。

レーガン政権は南アフリカのため

レーガン政権は南アフリカのために、制裁をすり抜けて貿易を増加させ、貴重な外交援助の手を差し伸べだ。とりわけ、国家が後ろ盾となって、独立直後に増えた人口が、主として大量テロの武器によって元の数字に逆戻りさせられた。一年後に政権を引き継いだレーガン陣営にしてみれば、唯一の目的はロシア人の血を流させ、世界世論の前でソ連を笑い者にすることだった、とガートホフは続ける。

ソ連は防衛のための限定された目的で仕方なく決断したのであり、今ではソ連の公文書を見れば明らかにそのことが立証できると、ガートホフは書いた。直接の結果として起こった戦争のためにアフガニスタンは荒廃し、ソ連軍が撤退しレーガンのイスラム聖戦士に取って代わられると、更に悲惨な・コネクション状況になった。それがもたらした長期的な結果は、二〇年に及ぶ恐怖政治と内戦だった。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

根底にイスラム恐怖症と反アラブ民族主義と超ナショナリズム

インドの政治アナリスト、プラフル・ビドワイはこう書いた。与党のヒンドウー・ナショナリストがシオニズムに歩み寄ったのは、根底にイスラム恐怖症(と反アラブ民族主義)と超ナショナリズムがあるからだ。一九九八 …

no image

イスラエル国防軍がどれほどの弾丸を発射したかの調査を依頼

著述家や論評者はイスラエルの他の時事解説者と共に、総意の形成の深刻な危険について警告した。それによればイスラエルの状況で民主義的な配慮は警沢であり、ファシズムの徴候があるとされる。とりわけ注目に値する …

no image

モスタルでの戦闘の間に

モスタルでの戦闘の間に、ボスニアのクロアチア軍司令官に、路上の人々は外見上区別がつかないのに、攻撃対象をどう識別しているのか、と尋ねたことがある。戦争の前には名前を知らねば識別できなかったが、今では制 …

no image

産油地域の中心に軍事基地を有する権利の獲得が米国政府の目的

米国政府のイラクにおける目的の一つが、産油地域の中心に軍事基地を有する権利の獲得であるとは以前から予想されていたが、戦争終結後、まさにその通りの報告がなされた。米国企業は中央アジアの資源を支配するグレ …

no image

正当な自衛や善意の行動を誤った取り組みに変えることだってできる

権力に服従するイデオロギーのシステムは、事実上どんな行動であっても、大衆に根ざした唯一の政党を壊滅させるための大量虐殺への加担(南ヴェトナムやインドネシアのように)にしろ、国際テロ(キューバのように) …