雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

子供に自然の中で感動体験をさせるためなら

投稿日:

自然のなかで自由に走り回る、裸になる、泳ぐ。そんな経験ができないのでは、その子の子ども時代は完璧とはいえない。子ども達はすぐびしょ濡れになり、木綿のシャツでも着ていようものなら体が冷えて風邪をひきかねない。かといって休憩のたびに水着を着せたり脱がせたりというのも手間すぎる。娘は裸足で水しぶきをあげていると機嫌がいいから、私達も水遊びのチャンスは逃さなかった(靴は2足、濡れても平気なサンダルと、足を保護してくれるスニーカーを持っていった)。

水辺に着いたらすぐ子ども達をパンツ1枚、またはすっ裸にしてしまう。人目のない場所でなら、ママやパパがこれに参加したっていいのだ。水辺の楽しさは、水泳だけに留まらない。ツツジ、スイカズラ、野バラなど、無数の花々が咲いて流れる川。カメもいるしチョウもいる。自転車の旅をしていると、おしりは痛くなるし太腿はごつくなる。横にならないと休憩した気がしない。かといって、立っていては体も休まらない。

美しい風景に我が子と一緒にいられる喜び

長時間自転車に乗っていてお尻はひりひり、ずっと座るのはきつい・・。スケジュールもあってないようなもの、まったく子ども次第だ。雨のなかうんざりしながら走ることもある。だけど、このすばらしい体験にはかえられないのだ。この美しい風景に、我が子と一緒にいられる喜び。へルメットにフィットするほど頭が大きくなり、首がぐらぐらしなければ、赤ちゃんをサイクリングに連れ出せる。

赤ちゃんとシート、シートとトレーラーは、ストラップでしっかり安定させる。チャイルドシートはまだ無理だけど、クルマのべビーシートやキャリアをトレーラーのなかに積めば0Kだ。おとなしく揺られているだろう。もちろん、おむつ交換や授乳はきちんとケアしながらの話。赤ちゃんは寝い。とくに気をつけたいのは防寒と、直射日光から守ってあげる。移る景色、木々やそよ風、陽射し、そしてトレーラーの振動までも楽しんでくれる。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

交通ルールの基本を家族全員でおさらいして練習もしておこう

自転車ツーリングでは、交通ルールの基本を家族全員でおさらいして、練習もしておこう。交通量のある舗装路では、大人2人でリードと最後尾を担当する。よく目について、クルマのほうも気をつけてくれるからだ。泊り …

no image

最近の登山者の歩き方は変だとかヘタだといわれている

最近の登山者は歩き方が下手になったと言います。その原因は何かと言いますと、交通手段が発達し歩く機会が減ったこと、林道が立派に整備されすぎて平地とあまり変わらなくなったことなどに関係があるようです。まず …

no image

山登りの種類色々-まず歩くことを中心に考えてみましょう

山登りは、まず歩くことを中心に考えてみましょう。三〇〇〇メートル級の縦走北アルプスや南アルプスに代表されるような稜線の縦走です。残雪がある場合があり、ちょっとした雪上技術は必要になります。山小屋も比較 …

no image

低山の山登りをする-興味深い自然の不思議が見られる魅力

低山は山頂を極めるのが簡単な山であることは確かだが、なかなか興味深い自然の不思議が見られるところでもある。まずは日帰り登山のエキスパートになろう。安善寺は標高が約二四〇mであるから、芳賀富士の高さ自体 …

no image

登攀技術の習得は読書や一度や二度の講習会で習得は難しい

余裕のある山行では快適さを優先してもそれは個人の自由ですので構わないと思います。個々のノウハウを書く余裕がありませんが、いくつかの原則があります。ひとつは素早くできるようにするということです。たとえば …