雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

試着しないと失敗する-遠慮しない、図々しさも必要

投稿日:

試着をするときは、実際に着るときとなるべく近い状態で行うこと。自分で用意できていれば完璧ですが、ふらりと入った店で気になる服に出合うことだって、よくあります。そんなときは、お店にあるものを利用する図々しさも、似合う服探しには必要です。

ま、いっか、と思って購入しでも、自分が合わせようと思っていたパンプスをはいてみたら、足が太く見えてしまった、なんてこともよくあることです。また、ワンピース姿で、カットソーを持って試着室に入った女性も同じです。おそらく、試着室の中では、カットソーにパンツ(もちろん下着の)一枚だけ。外にも出られず、大きな鏡でチェックもできません。これでは、どんなによいカットソーでも、素敵に映りませんよね。

透け感のある素材のフェミニンなスカートをはいて、試着室から出できたある女性がいました。彼女の足元は、ごついブーツです。このブーツに合わせて、はくつもりですか?と聞くと、いえ、パンプスに合わせます、との答え。それなら、パンプスをはいてみなければイメージは、わかないはずです。気の利いたショップなら、黒のミュールやパンプスを置いてあったりしますが、もしなければ、ミュールか、パンプスはありませんか?と、堂々と聞けばいいだけのこと。

優先順位はあきらか

試着するカットソーと一緒に、手持ちのものと似ているボトムを持ってきて試着すれば、似合う、似合わないがもっと明確にわかるのに、もったいないことです。優先順位はあきらかですよね。

また、OLの方たちに大人気の、某ブランドのシャツがあります。確かに値段も手ごろでよいシャツなのですが、着ると、どうも全体の雰囲気がもったり見えてしまう。世間ではナンバーワンのシャツと言われていても、残念ながら私にとってベストの一枚ではない。

どんな女性でも、スタイルがよく見え、女っぶりがアップする、と雑誌などでさんざん取り上げられ、爆発的に売れましたが、女性にとって、自分に合う服の基準は、着やせして見えるかどうかだと思います。なので、その基準から外れる洋服は買わないことにしています、とある専門家は言っていました。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ブランド品は本店がおすすめ-人もまばらでゆったりと優雅

ブランド品を買うとき、みなさんは、どこで買うことが多いですか?海外旅行のときのお約束となっている免税店もあります。ブランド品は、いろんなところで販売されていますよね。正規のものより多少プライスダウンさ …

no image

ネクタイは何本もってる?何本あればいいの?

・ネクタイは何本必要か 最低何本のネクタイを用意しておくべきか。個人差もありますから、一方的に何本持つべしと決めつけるのは無意味であるかもしれません。もちろん多ければ多いほど良いということは言うまでも …

no image

デザイナーがセレブとなりセレブがデザイナーとなる時代

MTVのハウス・オブ・スタイル、スタイル・ネットワークの各番組、好評ながらうち切られたCNNのスタイル・ウィズ・エルサ・クレンチなど多数のテレビ番組を制作し、各家庭にいつもファッション情報を送り届けて …

no image

カーディガンの着こなしの秘密を公開

・カーディガンの着こなし カーディガンを新しく買ったときは、最初にパジャマの上から羽織ってみることをおすすめします。これでそのカーディガンと仲良しになれるはずです。次に、シャツにタイを結んで、あたかも …

no image

ゴールデングローブ賞などの授賞式に付けていくものを選ぶ

各企業とも、トップ・クラスのセレブに真っ先に自分たちの服を見てもらおうと必死である。プラダを含むファッション企業二四社がビヴァリー・ヒルズの超シックなホテル、レルミタージュのスイートルームを押さえよう …