雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

室内での機能とスペースを重視したペット家具

投稿日:

あるペットショップでは、持続可能な地球の未来の社会的課題を事業的手法により解決することをめざした建築業界の企業集団。そして、ペット癒し計画は建築士、インテリアデザイナー、エコリフォームマスターなどの有資格者が共同で推進しています。

壁(クロス)一般住宅の九割は壁材に塩化ビニル製クロスが使用されている。塩化ビニル製クロスは呼吸しないため湿気に弱く、カビが発生しやすい。また、塩ビに含まれるクロスの可型剤も環境ホルモンが出る有害なもので、低温で燃やすとダイオキシンが発生する。そこで、壁材には連瀬士や和紙を採用する。無拓材は呼吸する床材なので調湿性に優れ、カビ、ダニの発生防止効果も高い。一方、カーペットの代わりには、消臭、化学物質吸着分解、調湿機能をもった床タイルを採用する。

室内での機能とスペースを重視したペット家具

「室内での機能とスペース」を重視したペット家具を次々と開発し、家具業界で隠れたヒットメーカーといわれている工房があります。一〇年ほど前のことでした。家具産業に携わっていた犬好きの職人が集まり、いつもの愛犬論議に花を咲かせているうちに、「市販のペット家具は、室内で犬を飼うのにとても違和感がある」、「重いし、ダサいし、何かにつけ不便だ」といった家具の専門家から見た日頃の不満が噴出しました。

コンセプトは「室内での機能とスペース」。何度も失敗を重ねて、自分たちが納得できる試作品を公開すると、予想外の反響を呼びました。同社の製品はいずれも「犬に使わせるのはもったいない」(家具業界関係者)といわれるほどデザインが優れています。同社が誕生したきっかけは、居酒屋でのなにげないノミ(呑み)ニケーションでした、という。そして「それなら自分たちが納得できる愛犬のための家具を作ろうじゃないか」と意見が一致したことから、研究会を立ち上げ、自主開発に乗り出したという。そこで、自分たちの技術を活かし、「愛犬との共愛犬との共同生活同生活をより楽しくする」仕事をしたいと、会社を設立し、本格的な開発と生産を開始したのでした。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬は幼児のはなしことば程度の言語能力がある!?

犬と人間の関わりは、犬が私たちにとって役に立つ機能をはたすところから生まれた。その機能の中には、まさに実用に即したものもあれば、より個人的で心理的な性格をおびたものもある。犬に言語能力がないときめつけ …

no image

独立心の強い、決断力があり、おとなしく、頭がいい犬

犬種別の気性や知能についてとなると、これらの本は事実をゆがめ、良くみせかけようとする傾向が一般的であるようだ。ダンディ・ディンモント・テリアを例にとってみよう。これは訴えるような深々と輝く目をした個性 …

no image

キツネに従順さを求め続けたある実験

わずか二〇世代の交配で、科学者たちは家畜化されたおとなしいキツネを作りあげることができた。この交配実験からいくつか驚くべき結果が生まれた。彼らは人間から逃げようとはせず、逆にふれあいを求め始めた。その …

no image

人も犬も医食同源を経営理念にしたショップ

「人も犬も医食同源」を経営理念に、犬の手作りフードを専門に販売している店があります。同店は現在、九種類の手作りフードを調理、販売しています。いずれも次の調理基準によっています。厳選した自然食材食肉は飼 …

no image

ハムスターの脱走防止対策

1日の仕事や勉強を終え、家に帰ってきたあなた。さあ、かわいいハムの顔を見ようとケージに近づいてみたら、なんと中はカラッポ。これほど悲しいことはありません。大事なドワハムの大脱走を防ぐために、以下のよう …