雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

雑学

七味唐辛子は何故ひょうたんの入れ物に入っているの?

投稿日:2017年8月13日 更新日:

七味唐辛子は何故ひょうたんの入れ物に入っているの?

七味唐辛子は何故ひょうたんの入れ物に入っているのかご存知だろうか?ヒョウタンは瓜の一種で、熟した果実の中身を取り出し、乾燥させると、あの容器としてのヒョウタンができあがる。

唐辛子はたえず乾燥させておく必要があり、湿気を吸い取る性質のあるヒョウタンの入れ物が適していた。もともと、七味唐辛子は本物のヒョウタンに入れられて、売られていたのだ。それが、いまでもスタイルだけが残って、ヒョウタンの形をした木製の器に入れられているわけだ。

赤みそと白みその違い

赤みそと白みその作り方の違いは、白みそをつくるには、大豆をゆで、赤みその場合は蒸す。それだけの違いである。
大豆をゆでると、ゆで汁の中に、タンパク質やアミノ酸が出てくる。一方、蒸す場合は、アミノ酸などがそのまま大豆の中に残る。

みそを大きく分けると、赤みそと白みそになる。どちらも原料は同じで、大豆と米こうじと塩。味の違いは、塩の量の違い、熟成させる期間によって変わってくるが、一般に赤みそが辛口で、白みそが甘口となっている。アミノ酸は熱せられると、糖分と結びついて褐色になり、これがみそを赤くする正体だ。

みそを赤くする正体

ソースの原料は?

もともと、ソースの主原料は、タマネギ、トマト、リンゴ、セロリ、ニンジン、ニンニクなどの野菜。これらを絞って、コショウ、トウガラシ、ショウガなどの香辛料、砂糖、塩、酢を加え、カラメルで着色して約一か月間熟成させると、ウスターソースができあがる。

醤油の原料が大豆であることは知っていても、ソースの原料を知る人は少ないのではないだろうか。日本のソースの原型は、イギリスのウースターシャーで生まれたウスターソース。これを基本にして、中濃ソース、トンカツソースなどが生まれた。

中濃ソース、トンカツソースなどが生まれた

味は、酸味が強くスパイスの効いた辛口がウスターソースで、濃厚な甘味を特徴として酸味の弱いのがトンカツソース、中濃ソースはその中間の味だ。中濃ソースやトンカツソースは、野菜をミキサーにかける段階で粘度を変える。

-雑学

執筆者:

関連記事

市販の目薬は遮光袋に入っていない

太陽はどうして長く燃え続けることができるのか

太陽は46億年前もの昔から燃えつづけている 太陽は、46億年前もの昔から燃えつづけている。いくら大きいとはいっても、どうして太陽はこんなに長い間、エネルギーがなくなることもなく、燃えつづけることができ …

ココアの持つ意外な健康効果とは?

食べ物はなぜ気管に入らないのか

食べ物はなぜ気管に入らないのかご存知だろうか。人間以外の哺乳類では、喉頭の軟骨は喉頭のなかに高く飛びだし、鼻腔の後ろにはまりこんでいる。これはつまり、鼻から入ってくる空気は喉頭を通り、口から入った食べ …

アンネの日記は

遊女はどうやって避妊したのか?信じられないその方法

遊女はどうやって避妊したのかご存知だろうか。昭和の赤線時代の娼婦たちは、和紙の代わりに膣の中に小さなスポンジをいれて精液を吸い取らせていた。また、少なくとも、江戸時代には、遊女流の避妊術があり、彼女た …

コンセントの穴の大きさの違いって何?

コンセントの穴の大きさの違い 電気釜や電気アイロンなどを使う時、プラグを差し込む器具をコンセントといっている。 このコンセントには、長方形の穴が二つ空いているのはご存じの通りだが、この穴をよく見ると左 …

イエスズメとかヨーロッパスズメ

狸が糞を溜める理由は巣穴を探しやすくするため?

狸が糞を溜める理由は何か?昔からタヌキは民話やぶんぷくちやおとぎ話によく登場する。ひょうきんな顔つきやこっけいな仕ぐさが人気の秘密であろう。タヌキは夜行性で、昼間は木のほらや岩穴、アナグマの抜け穴など …