雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

下着の捨てどきはいつなのか?

投稿日:

効率のよい下着類の捨て方を紹介しよう。寝間着・下着類は、毎日身につけるもので洗う回数も多く、寿命は短い。しかし、それほどかさばらないだけに、もう捨てなければと思っている下着類がたまりがちという人も多い。旅行の予定が年に一度くらいはある人なら、旅先へ着替えとしてそれらをもっていき、使い捨てにするのだ。たとえば2泊3日なら、使い古した下着3枚とパジャマをもっていき、最終日にはすべてを捨てて帰ってくる。荷物も軽くなり、不用品の処分もできて一石二鳥というわけだ。ただこの場合、処分の仕方には十分注意が必要だ。プライバシーにもかかわることなので、くれぐれも慎重に。下着は黒い袋か、紙袋にしっかり包んで捨てる。寝間着の場合は、包んだ袋の上に破棄する旨を明記すること。そうしておかないとホテルや旅館のほうが忘れ物と思い、送り返してくることもある。

整理ダンスをすっきりさせるワザ

詰め込めば詰め込むほど、死蔵品が増えてしまう。下着を中心に使うにしても、整理ダンスはどこの家庭にも一つはあるはず。それでも、なかがギュウギュウ詰めになっているようではいけない。だったら、スーツケースについているゴムバンドの仕組みを真似して、衣類がかさばるのを押さえておく手がある。引き出しの両はじにヒートン(止め具)をつけて、それにゴムを渡しておくだけ。これで収納力がアップし、引き出しもムダなく使える。

ブラジャーを迷わず捨てる時

下着を処分すべきかどうか迷ったときの判断基準は人それぞれだろう。しかし、ワイヤ入りのブラジャーのワイヤが変形したときは、迷わず処分してしまおう。ちょっと花飾りのレースが傷んできたとか、白かったスリップがなんだか黄ばんだように見えるとか、下着の捨て時を決断するのはむずかしいが、見た目以前に、体のためにもよくない。捨てるときはワイヤを取りはずして不燃ゴミとして捨てる。布は小さく刻んで燃えるゴミに分けること。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

ビデオを何度もダビングしていると何を撮ったかわからず捨てられない

・何を録画したかわからないから捨てられない 重ね撮りを繰り返していると、いつ書いたのかわからない表書きも当てにならなくなる。ビデオテープをなかなか捨てられないのは、何を録画したのか、わからなくなってし …

no image

いつか役に立つだろう、で保管している新聞を捨てる

・いつか役に立つの?いつか役に立つだろう、はない。 いつか、がやってくる可能性は非常に少ないと思っていい。いつか役に立つだろう。こう考えて新聞を大切に保管している人がいる。だが、これではダメ。新聞に対 …

no image

食器のサイズを基準に十分な指定席を確保

・食器のサイズを基準に十分な指定席を確保 非日常用のモノは、手をまっすぐ伸ばして、すべての食器をこの度の範囲内に収めると、取り出しやすく、しまいやすくなります。こうした指定席を確保するには、まずどれく …

no image

階段のDIYや壁紙などについて

手すりは、階段の事故を防ぐために、絶対といっていいほど必要な設備です。既製の手すりセットもありますが、木の丸棒(ただし長さは180cm)を使ってのオリジナルな手すりなら、手触りも見た目にも優しい感じを …

no image

いらない不用品は捨てるようにしよう

・いつ買ったかわからないものは捨てる 流行色といわれて買ってはきたものの、2~3度使ったきりの古いマニキュアなど、整理してみると、ドレッサーまわりは不用品がザクザク出てくるに違いない。毎日使う化粧水や …