雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

舌の味覚神経のはたす役割

投稿日:

人が感じる味には、甘い・塩辛い・酸っぱい・辛い・渋い・苦いという六つがあります。舌は、この六つの味をすべて感じられたときに、大きく満足します。健康のためには、これらすべての味が、毎度の食事に含まれていることが理想です。わたしたちは、胃でものを食べると同時に舌でも食べていますので、舌の満足感を考慮した食事をとることは大切です。甘いパンとミルクだけの食事では、たとえお腹いっばいになったとしても、口洪しいものたりないという思いが残ります。

甘いものと塩辛いものばかりとか酸味と渋味はぜったいにとらないなどかたよった味の食事をつづけていると、味覚の機能が鈍ってしまうのです。舌を味覚において満足させると、過食の予防にもなりますし、消化力に大きく関係しています。酸っばいものは苦手、辛いものは食べられない、塩味の強いものには目がないなど、人それぞれ、味の好みがあります。でも、かたよりすぎると健康に問題を起こしかねません。

味は、舌で楽しむだけのものではありません。六つの味はそれぞれ、わたしたちの生理機能に異なる作用をおよぼします。舌に限らず感覚器は、使いすぎてはいけないのですが、使わないのも問題を生じます。舌の場合は、しっかり使わないとカパが増加します。その影響で、消化力までも鈍ってしまうのです。

塩味にはヴァータを下げる作用があります

疲れている状態はヴァータが乱れているのですが、塩味にはヴァータを下げる作用があります。また、油もヴァータを下げるので、ポテトチップスがほしくなるのでしょう。辛いものを食べると食が進みますが、辛味にはピッタを上げる作用があるので、食欲と消化力が増します。疲れたとき無性にポテトチップスを食べたくなるという声を聞きます。

また、朝の重い状態は、カパに支配された状態なのですが、苦いものにはカパを下げる作用があるので、重さがとれます。朝、目覚めたたばかりで頭はボーッとして体は重だるく、心もほんやりとしているとき、カップ一杯のコーヒーを飲むと、それだけで心身がシャキッとします。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

口の中が常に苦いときは風邪をひきやすい状態

オージャスは、食事が正しく摂れて、それが完全に消化吸収されたときに作られます。またオージャスは消耗されるものなので、わたしたちの過ごし方によっては、大きく減らしてしまうこともあります。 心身のドーシャ …

no image

便秘になると神経系のヴァータが乱れ心気症などメンタルな病気を発症

便秘については誤解が多いようです。健康な排池の目安は、毎日出る朝食の前に出る便ににおいがあまりない、色が濃すぎない、適度な硬さがある形はバナナ状水に浮く。回数については、午後か夕方に二度目の排池がある …

no image

何故野生の動物が病気にならないで人は病気になるのか?

私たち人間にも、ごくシンプルで簡単な方法で、病気にならずに生き生きと気力充実して生きる道はあるだろうか?もちろんある。なぜ人が病気になるのか、本当のところは分かっていないというのが真実だ。 ・人が病気 …

no image

イライラ怒りっぽい病気にはある脂肪酸が有効

もしも、あなたの関節に炎症があって痛みを伴っているとしたら、心臓発作で急死の原因になりうるような不整脈だとしたら、血管が詰まて細くなってきているうえに中性脂肪値が高く、脳梗塞や心筋梗塞の引き金になりう …

no image

西洋オトギリソウは薬効だけでなく注意しないといけない点もある

米国立精神衛生研究所の精神医学専門医で、うつ病の世界的な権威であるドクター・ノーマン・ローゼンタールはつぎのようにアドバイスしている。うつ病を自分で治療するのは危険が多いので、医師の監督下で弟切草を摂 …