雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

塩が体に悪いは嘘!?

投稿日:

医学の常識とされたデータの根源に戻って検証した実験の有名な例では、「卵が悪い」という話があります。これは、卵のようなコレステロールを含む食品を食べると血中コレステロール値が上がる、だから食べてはいけないという、いまなお夢延している「コレステロール神話」の誤認を明らかにしたものです。また、塩が体によくない説も有名です。

たとえば、塩分制限という一点でも、全体を見わたそうという姿勢があれば、いろいろな弊害がその後方に広がっていることがわかるはずです。陰性体質の人には塩がいけない、塩がいけないと言いますが、それがあてはまるかどうかは、その人によります。

不登校の子どもたち、引きこもりの子どもたちも体温が低い。ニュースで盛んに取り上げられている凶悪事件を起こした十四歳や十七歳の子どもたちも、体温を計ればみんな普通の子どもよりも低いでしょう。西洋医学や栄養学では、数字などの現象面にしか目がいかない。まさに、木を見て森を見ずの通りです。

日本では一律に塩はいけないという

体質の違いも考えず、日本では一律に「塩はいけない」という考え方が固定してしまっています。これは、あまりにおかしい不思議な話です。どんなに物わかりのよい、頭の柔らかい人でも、この「塩分と体質」の話になると「ああ、そうだ」とうなずくことのできる人はめったにいません。「ウーン」と首をひねって考え込んでしまう。それだけ、子どもの頃から「塩は悪者だ」と刷り込まれてきたということなのでしょう。

色白でぽっちゃりしている人、漢方で言ういわゆる陰性体質の人は塩をいくら摂っても血圧は上がりません。逆に、色が黒くて赤ら顔、ずんぐりした体格の人、漢方で言ういわゆる陽性体質の人は、塩分を摂るとたしかに血圧が上昇します。あまりに大雑把にわけているように聞こえるでしょうが、このことはすでにアメリカで実験され、実証されています。黒人が塩を摂りすぎるのはよくありませんが、白人には塩分はほとんど害がないようです。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

病気にかかる原因には4つの原因がある

病気にかかる場合もなる場合も原因は四つだ。体内毒素、栄養不足、電磁波、ストレス。この四つが原因であるならば、この四つに対処すれば良い。これまでと同じ生活を続けていけば、肉体的健康は少しずつ衰え、体調不 …

no image

イライラ怒りっぽい病気にはある脂肪酸が有効

もしも、あなたの関節に炎症があって痛みを伴っているとしたら、心臓発作で急死の原因になりうるような不整脈だとしたら、血管が詰まて細くなってきているうえに中性脂肪値が高く、脳梗塞や心筋梗塞の引き金になりう …

no image

瞑想中にかゆみが発生した時の対処法

瞑想中にかゆみが発生した時の対処法。 もし、瞑想中に眠くなったら、たとえそれが瞑想開始後一五秒、あるいは、三〇秒であっても、すぐに瞑想は中止してください。瞑想中に眠るクセをつけると、二年も三年もそのク …

no image

憎しみ解消法-相手を許す方向で祈るとよい

憎しみ解消法-相手を許す方向で祈るとよい。 あの人が寿退社だって。ああ、どうしょう。私は残ったままだし。私にもいい人が現れますようにというのも一応効果がありますが、それよりは、結婚するんだ。私の親友が …

no image

瞑想とは何か?練習すれば誰でもできます

・瞑想ってどんなもの?練習すれば誰でもできる それは、鉄棒の逆上がりはこうすればできますというようなものです。瞑想はノウハウですから、練習すれば誰でもできるようになります。多くの人がどんどん上達された …