雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

心臓のピッタが低下することで起こる機能の低下

投稿日:

レストランでメニューを見ても、自分が何を食べたいのかわからない、自分が何をしたいのかわからなない。これは心臓のピッタが低下し、それと連動して目のビッタが落ちて、心の中のさまざまなイメージがみえなくなっている状態です。心臓のピッタは脳と連動しているので、記憶力は弱っていきます。ゆっくりと胸骨のあたりを上下するマッサージをおこなうとよいでしょう。こうなるには、いくつかのプロセスが考えられます。精神的な緊張や落ち着きのなさに加え、心の重さや抑うつ症状があらわれ、消化や代謝が低下して体が冷える傾向があります。

また、たとえば、仕事や人間関係などで無理をしてがんばりすぎると、脳や神経が消耗して神経系のヴァータを乱します。そんなときに、甘いものや炭水化物をたくさんとって過労をごまかしつづけていると、アーマが増えてカパも悪化し、このような状態になります。大切なのは、きちんと休息をとること、そして規則的な日常生活を送ること。大切なのは早寝です。できる日だけでもかまわないので、二二時前後には就寝するようにしましょう。

閉所恐怖症やパニック症状があらわれることも

この状態が悪化すると、閉所恐怖症やパニック症状があらわれることもあるので、早めの対処が肝心です。また、夕方か夜に、オイルマッサージと半身浴をおこなうとよいでしょう。体を冷やさないようにしながら毎日、気楽に散歩をし、慣れたら一時間ほどに延長して、軽さをとりもどしていきましょう。早朝や夕食後に三〇分ほど、ゆっくりと散歩をするのもおすすめです。

たまったアーマを消化するため、食事のときにお白湯とショウガをとり、消化のしやすい温かい料理を、食べ過ぎないようにとります。カパは、力強さ、耐久性、持久力を生む力です。よってカパが弱ると、ちょっとしたストレスを受けたときでも、それに耐えたり、うまく処理をしたりすることができず、いつまでもひきずってしまうようになるのです。カパが増加しすぎているとき、カパがもつ粘着性や重さが強くなり、嫌なことをいつまでも気に病む状態になることがあります。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

ニンジンジュースの効果-痛風にも効く

ニンジンジュースを中心とした療法で診療所も追い風に乗りはじめたので、次は、サナトリウムを開き、ニンジンジュース療法と断食療法を組み合わせた病気予防のための保養施設を実現したいと考えました、というある教 …

no image

足がむくみやすい原因や改善方法

・足がむくみやすい むくんだ足への対処も必要ですが、同時にむくみやすい体質そのものを改善していくことが必要です。足に重さやだるさ、鈍い痛みが生じるので、こういった方は圧力分散ソックスをはいたり、足をマ …

no image

足腰が弱ると必ず比例して弱ってくるのは目の力

「相似の理論」という漢方の考え方があります。世の中のたいていの現象はお互いによく似たところがあるという考えです。「赤い鳥小鳥なぜなぜ赤い、赤い実を食べた」という童謡がありますが、たしかにカナリアを孵化 …

no image

セロリが痛風に効果があるとさせる実例

その医学植物学者は痛風に苦しんでいた。足の親指だった。何年間ものあいだ、チェリー・ジュ一スを含めて、さまざまなハーブ療法を試みたけれども効果はなく、結局は処方薬に戻らざるを得なかった。その後、さらに強 …

no image

アーユルヴェーダのダルマへの道

アーユルヴェーダの伝統的な教えでは、生きる目標を4つ挙げています。ひとつはダルマ。ふたつ目は「アルタ」。これは家庭や社会の中で、お金や物質的な豊かさを築いていくことです。三つ目は「カーマ」といい、人間 …