雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

雑学

深夜割増サービス料をファミレスが取る理由

投稿日:2017年8月13日 更新日:

深夜割増サービス料をファミレスが取る理由

深夜割増が設定されている時間帯は、多くのファミレスで夜10時〜翌朝5時。たしかにこれは、労働基準法で賃金の深夜割増が定められている時間帯とぴったり重なる。しかし人件費の問題なら、ファミレス以外のチェーン店でも事情は同じはずだが….。

チェーン居酒屋や24時間営業の牛丼屋では夕方も夜も同じ値段なのに、なぜファミリーレストランでは深夜に割増料金を取るのだろうか?

24時間通しての来客数を計算して経営しています。夜間の人件費もその計算に入っているので、深夜割増は必要ないんです(某牛丼チェーン)。居酒屋は夜間営業が前提なので、深夜割増という発想はないですね(居酒屋チェーン)。深夜は人件費が割高になるからですよ。

労働基準法によって、深夜の従業員の賃金は、最低でも昼間の3%増し。深夜だからといって特別にかかる出費は他にないですし(飲食業界関係者)。

ファミレス業界内でも

ちなみに、ファミレス業界内でも、深夜割増の基準はまちまち。多くは、入店時刻に関係なく、最初のオーダーの時刻が深夜帯(夜10時以降)だった客だが、入店が深夜帯の場合や深夜帯のオーダー分のみ割増というチェーン店もある。

要するに、深夜割増の有無は、業態ごとのスタンスや慣習の違いによるようだ。つまり深夜の経費を、深夜利用者にのみ負担させるか、すべての利用者に広く薄く負担させるかの違いだ。

一般的に「常識」とも言われるこの慣習ですが、理由や実施店舗など意外と曖昧なところがあります。1回目の注文では深夜料金がかからず2回目の注文では深夜料金がかかるということもあります。

労働基準法で、深夜労働(午後10時以降翌朝5時まで)は、基本賃金の25%分を上乗せして報酬を支払う事が義務付けられているところからくるもの。

サービス料徴収については、店舗やメニューや施設の徴収についての注意書きがあらかじめ示されており、客側が拒否することができないようにされている。

特急の定義とは?

特急の定義とは?

鉄道会社によって、特急に別料金が必要なところもあれば乗車券のみで乗れるところもある。そもそも特急列車の定義とは何か?

特別急行の略称で、特急券を買って乗車していただきます。ただ、これは当社が営業戦略上使用してきた言葉で、それが皆さんに認知されていっただけ。

言葉自体に明確な定義はないと思いますが(JR東日本広報)。鉄道会社は、準急や急行などと同様に、停車駅の少ない列車の一種を特急としている。JRのほか、都心に乗り入れている鉄道会社では小田急電鉄、西武鉄道、東武鉄道が同じタイプ。

特急の速度や車両について、各社間で統一した定義があるわけではないようだ。特急の名称の使い方は、各社それぞれの基準による。歴史をひもとけば、1912(明治45)年に新橋ー下関間で運行し始めた特別急行列車が特急という言葉が使われ始めたのが起源だ。

-雑学

執筆者:

関連記事

冬の寒候期予報に関しては

デブでも登山を楽しむことはできるのか?

昔は痩せていて、登山が好きだったが、年を取ってから山にも行かなくなり、体にも脂肪が増えて太ってきたという人。でも、また登山に行きたくなってきた、といった場合。 また、太っている人が山に興味を持ったが、 …

世界各地の鉄道やバスの乗車券予約を取り扱うH.I.S.本社

シャープなどの電話の記号は何のためにあるの?

シャープなどのプッシュホンの記号は何のためにあるのかご存知だろうか?携帯電話でメールを打つときにはよく使うものの、固定電話では最下段の#と⚹の記号を使うことはめったにない。もともとシャープなどの電話の …

女性専用車両は2001年3月に京王線に登場

路上の看板って違法なの?許可されたものなの?

舗道に立て看板があるが、これは許可されたものなのだろうか?店の前ならまだしも、何メートルも離れた場所に堂々と置いている。 こんな迷惑看板は、どこの許可を得て、立てているのか。舗道を歩いていて飲食店など …

ココアの持つ意外な健康効果とは?

缶コーヒーの微糖ってどのぐらいから?

缶コーヒーの微糖ってどのぐらいからか?微糖や早挽きといった種類のものにはどんな基準があるのだろうか?どれを買おうか迷ってしまうほどたくさんの種類がある缶コーヒー。 1996年に健康増進法の栄養表示基準 …

団扇をバタバタあおっているうなぎ屋なら

火事の発生原因は意外なところから

火事の発生原因は意外なところからあった!?火事の原因というと、タバコの消し忘れ、ストーブなど電気器具の過熱、放火などが一般的だが、意外なことから火災が発生することもあるので注意する必要がある。 東京都 …