雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

新車モデルチェンジは輸入車は10年後ということも多い

投稿日:2014年11月4日 更新日:

国産車は4年でモデルチェンジを行うが、そろそろ国産車でも、旧型になっても堂々と胸をはって長く乗れる、主張を持ったクルマが出てきてもいい頃だと思うのだけれど。マツダなどは、もしかするとそんな会社になりそうで、期待しているが。

逆に輸入車がモデルチェンジする期間は、10年後ということがよくある。次の10年間にそのクルマに求められるものはなにか、という提案や開発者の考えが最大限に盛り込まれ、ときに無謀とも思えるような先進思想を盛り込んで作られる。

思想的な失敗ということもあるし、技術的に時期尚早だった、ということもある。おかげでえらく使いづらかったり、故障が多かったり、期待した性能が発揮できなかったりするのだ。最新型車は必ずしもその時代にぴったりフィットしているとは限らないのだ。

車の買取査定を上げる色々なポイント

愛されるために熟成を続ける

しかし、国産車のように4年でモデルチェンジして終わりではないのだから、じっくりと、さらに愛されるために熟成を続けるわけだ。もちろん、できが良くて売れ行き好調でも必要な改良は常に施す。メーカーではこれをなんとか修正するべく、毎年、ときには数ヵ月単位で手を入れる。

輸入車購入に当たっては、出たての二ューモデルは必ずしも狙い目ではない。2~3年たって初期の問題もかたづき、完成度が高まってからのモデルのほうがトラブルもなく、使い勝手もいいことになる。新車のみならず、中古車購入でもそうで、同じ年式で旧型と新型がある場合、旧型のほうが完成度が高く、使いやすい、という例は多い。モデル寿命の長い輸入車では、旧型がいきなり古臭くなることは少ないから、なおのことそうだ。

メルセデス・ベンツやBMW、フォルクスワーゲンといった日本では定評のあるドイツのメーカーでも、新型登場当初はどこかしらに不都合があり、改良される、ということが繰り返されているのだ。その不都合は大抵、ドアの立て付けが悪いとか、ある速度域で妙な音が出る、といった些細なことだが、時には大がかりなリコールの対象になることもある。こういったことがあるので、国産車か輸入車かどちらがいいかは好みの問題にはなるが、日本人はやはり4年のモデルチェンジが丁度いいのだろう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ムーブラテ評価-若い女性をターゲットにしたクルマ

ムーヴラテは若い女性をターゲットにしたクルマ。要は独身者でリヤシートを頻繁に使うわけではないから、ミラをベースに造った方が目的には合うだろう。 ミラにはスポーティなアヴィがあり、さらにクラシックな雰囲 …

no image

ディーゼル車排ガス規制規制対象だった時の対処法

たとえば、古い型のジープなどで、どうしても欲しいと思う車があったら、排気ガスの浄化レベルを上げる触媒を購入して取り付ければいい。それによって、NOx規制法をクリアすることができる。1996年4月から東 …

no image

自動車のオイルに関する基本知識を知っておこう

クルマのマニュアルを見ると、オイル交換にはメーカー純正オイルを使うように指示してあるけど、これはメーカーの保証を受けるためのもの。中古車でメーカーの保証が切れているのなら、クルマの使用条件に応じてなん …

no image

エンジンは適正な排気量が重要

たとえば、最大排気量1800mの車種で、1300mゃ1500mのエンジンが搭載されたグレードを選んでしまうと、走ったときになんとなく物足りなさを感じてしまうことが多い。 気に入った車種を見つけても、い …

no image

フェンダーミラー後付を再考したい大きな理由

いまどきフェンダーミラーははやらないかもしれないが、安全性のうえからいえばオプションでフェンダーミラーをつけたり、一部車種が取り入れているような、サイドアンダーミラーを助手席側に取り付けるといい。その …