雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

心室性期外収縮とはPVCともいう心電図の検査結果欄に書かれる用語

投稿日:2014年11月24日 更新日:

・PVC(心室性期外収縮)

心電図の検査結果欄に書かれる用語だ。心室性期外収縮の説明をすると話がややこしくなるので、詳細は省くが、要は不整脈の一種で俗に脈がとぶと言われるもの。

・Pt(患者)

話しコトバでは患者のことをクランケとドイツ語で言う。患者のことを英語でpatient(直訳は我慢する)というが、カルテではこれを略してPtと書く。

・Rp(処方)

大文字のRに小文字のp、その後に片カッコかピリオドを打ってから、薬の内容を書く。薬の処方という意味のカルテ用語。

RA(慢性関節リウマチ)

・RA(慢性関節リウマチ)

民間で俗にリウマチと言われている病気は、この慢性関節リウマチのことである。日本語に直訳すると、R(リウマチ性)A(関節炎)となるが、どういうわけか日本医学界では慢性関節リウマチと呼んでいる。

・SC(皮下注)

皮下注は、皮膚にブスッと針を刺す注射には違いないが、筋肉注射よりももっと浅いところに薬を注入するのだ。scは、サブ(下)クタネウス(皮膚)の略。

・S(主観的)

Oは医者が診察した所見、Aはそれらの評価や判断、Pは治療プランのことだ。Sとはサブジェクティブ(主観的)のSで、患者がこういう症状があると言った内容を指す。カルテを書く時はS、O、A、Pの順で書くのが原則とされる。

・STS(梅毒反応)

性行為による感染症を総称してSTDという。血液検査で梅毒反応が陽性だと、医療関係者に感染するのを防ぐために、カルテの表紙に赤字でSTS(+)と書く。

・SM(心雑音)

聴診器で診察した後にカルテにSMと書かれたら、心臓に雑音が聞こえることになる。処方せんにSMと書いてあれば、胃、薬のこと。
・TB(結核)

ツベルクリン反応のツとベの頭文字を取ったのがTBだと考えると、分かりやすいであろう。カルテでは結核のことをTBと書くが、話す時はティービーではなくテーベーと言う。つまり、ドイツ語読みするわけだ。

・SUSp(疑い)

医者が患者を診察して、○○病の疑いがあると診断したら、カルテに○○病SuSpと書く。高校の英語で習ったSuSpect(疑う)の略だ。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医者のいじめの対象-性格が悪い助手が研修医をチクチク

大学病院の医局は、女の子が多い職場に似ているといわれることもあるようだ。特にイジメ。その対象は主に研修医であるらしい。 医局長なんかもやるが、中心になるのは助手のようだ。学問的な業績があげられず、年月 …

no image

医者の紹介状があるからといって特別扱いは期待しない

ある日、初めて受診する患者さんがいました。たとえば、患者さんとして訪れた人が、かつての同級生だったなんてこともあります。診察室では、びっくりするような突然の出会いがあるようです。本人が診察室に入る前に …

no image

私費でいいからいい医療を受けたいという人が出てくる可能性

美容外科の手術は私費や自費なので、保険が併用できな液検査や手術の後の抗生物質の使用も、自費で受けないといけない。しかしこれでは、がよけいに高くなってしまうという現象が起こる。 まだ日本で未認可のために …

no image

研修医が何年後かにどんな医者になりたいか考えるのは

病院で相補的な研修ができる「臨床研修病院群プロジェクト群星沖縄」という研修システム、そのほか、岩手や島根でも研修医が増えているということは、むしろ若い医者の間で、地域医療を学びたいというニーズが増えて …

no image

研修医は日雇いの扱いなので休むと給料はもらえない

体を壊したときの保障がない。原則的に研修医は日雇いの扱いなので、休むと給料はもらえない。また、正社員の扱いではなく、アルバイトの扱いなので、病院の健康保険に入れない。個人で国民健康保険に加入する(今は …