雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

信頼できる医師を見つけるにはどうすればいいのか?

投稿日:2014年11月16日 更新日:

昔は、町の医者は患者の懐具合に合わせて医療をおこなっていたようです。患者たちは、診療代の代わりに米や野菜を持っていったものです。まさに医は仁術の時代があったわけです。年末に払えるようになるまでツケにしていたりもしました。盆暮れの時期に医者の代わりにまとめて診療代を集金する、という集金係のおじさんもいました。

映画、赤ひげのように、払えない人からは診療代を取らないということは珍しいことではありませんでした。けれども、今は一九六一年にスタートした国民皆保険の制度で、国民のだれもが等しく医療を受けられるようになった半面、赤ひげはいなくなってしまったように思えます。

病院の近所の人、何人かに聞けば、その医者の評判もわかるでしょう。そんな医者を頼って少し遠くから訪れたりすると、医者としてはけっこう嬉しいものです。お互いに信頼関係ができれば、その医者が本当の名医に育つこともあります。心から信頼してくれる患者がいるということは、医者にとって、この上ない充実感、使命感を感じるものだからです。

名医とはなにか、と考えると、結論は、その患者の健康状態や生活パターンをよく知っていて、一生つき合える医者だといえるかもしれません。すべての人にとって名医である必要はなく、自分にとって名医であればいいわけです。

主治医、かかりつけ医を作る

となるとやはり、主治医、かかりつけ医を作る、ということになりますが、大学病院の医者は少なくともこれには該当しません。

市民病院や県立病院には経験豊富な優れた医者がいますが、転任してしまうこともあり、また、優れた医者になった頃には、残念ながらそろそろ定年退職という場合が多くなります。大学病院では、入院中の担当医と退院後の担当医は必ず別の医者になるし、外来でも毎回同じ医者が担当するというわけにはいかないからです。大学病院というのはそういうシステムで機能しています。

そんな中で、自分だけの名医=マイ名医を探さねばなりません。ということは開業医が主治医の一番の候補ということになるでしょう。町の開業医の中には、よぶんな薬を出さず、患者の生活習慣の基本からアドバイスをしてくれる、現代の赤ひげがきっとどこかにいるはず。

ずっとそこでやっているということは、その町での評価も安定していると考えられます。そんな開業医の中から現代の赤ひげを見つけだして、自分だけのマイ名医を主治医、かかりつけ医にすることが理想でしょう。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

週4日のゆったり勤務の医療求人を探している先生に

医師の中には、ほとんど休みなく、馬車馬のように働かれている方がいらっしゃいますが、逆に、そんなに働かなくてもいいので、勤務日数を減らして、楽に仕事を続けたいという先生もいらっしゃいます。お医者さんは一 …

no image

形成外科の転職を成功させたいなら利用するべきサービス

形成外科の求人数は、全体的に少ない傾向にあります。求人誌などを見てもあまり形成外科の募集を行っているのを見かけることがありません。形成外科自体があまりありませんから、求人が少ないのは当然とも言えますが …

no image

憧れの芸能人が病院に来たときの医師の心境

H市民病院の内科に勤めるW氏はある俳優にそっくりの34歳独身。顔はスケべのくせに、ふだんは女のことなんか興味ないという風を装っている。ある日、W医師が、自らの弱点を医局中にぶちまける事件が起きた。とこ …

no image

医師の善意や診断能力に差があるか?

~医師の善意や診断能力に差があるか~ 一つ興味深い話題をあげましょう。ここに四とおりの医者がいます。それは以下の四人です。ここでは善意あふれる医者=親切な医者、診たてのいい医者=能力のある医者と仮定し …

no image

3分診療のカラクリ-ある医師の話を例に説明

三時間待ちの一三分診療を受ける患者さんの腹立たしさはよく分かっているつもりです。しかし勤務医に言わせると、勤務医の方もかなり疲れている。その辺のところをある例にとって説明しましょう。 これはある医師の …