雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

進行ガンの意味-最近では患者に告知するケースが増えてきたが

投稿日:2014年11月22日 更新日:

・進行ガン

進行ガンの人にガン告知をする場合は、早期ガンだから大丈夫ですという言い方をするのが普通だ。もっとも、最近では患者にガンを告知するケースが増えてきたが、それでも告知率は多くはない。医者がシンコーガンと言ったのを聞いて、最近できたばかりの、新興の初期のガンなんだと自分に都合のいい解釈をする人はいないと思うが、医者が患者の前で進行ガンと言うことは殆どない。

・腫瘍マー力ー

たとえば、大腸ガンや胃ガンはCEA、すい臓ガンはCA19-9、肝臓ガンはαFP、卵巣ガンはCA125が増える。悪性腫瘍、つまりガンが体の中に潜んでいると、血液中に何らかの物質が増えてくるので、それに注意(マーク)する必要があるのだ。受験生が参考書を読んでいて、大切なところに印をつけるマーカーのことではない。

・ステージ

ガンがどのくらい進行しているのかによって、ステージ0(0期)から、ステージ4(4期)までに分類する。数字が大きいほど進行しているので、それだけ余命も短いことを意味する。ここでいうステージとは、段階のことだ。

スクアマスセルカルチ

・スクアマスセルカルチ

ちょっと長ったらしいことばなので、SCCと略することもあるが、実は、スクアマス(扁平)セル(上皮)カルチ(ガン)とは、ガン細胞を顕微鏡で調べた時(これを病理検査という)の分類の一つで、子宮ガンや肺ガンなどに見られる。ただ、早口の医者がこのコトバを言うと、クリスマスセールあるしのように聞こえてしまう。

・子宮筋腫

よくあるパターンは、健康診断で子宮筋腫があるから専門病院に行くようにと言われ、その病院に行ったら入院を勧められ、何も症状がないのにいきなり手術で子宮を取られた場合などは、子宮ガンの可能性が高い。本当は子宮ガンなのに、患者には子宮筋腫だと言う場合がある。健康診断を受けたら肝臓が悪かったので、医者から大至急禁酒だと言われた男性が、大きな子宮筋腫だと勘違いしたという笑い話がある。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医者の医療ミスは犯罪か

福島県立大野病院で帝王切開手術を受けた女性が死亡した事件で、業務上過失致死と医師法違反に問われた医師に、二〇〇八年八月二十日、福島地裁は無罪判決を言い渡した。 この事件が注目された一つの背景には、警察 …

no image

医学用語辞書-覚えておくと役に立つか恐怖するガン関係の用語

・胃ポリープ 一般の人はポリープは良性だから安心だと思っている。ポリープという言薬は、単に突出物という意味であり、その中味が悪性腫瘍か良性腫瘍かは問わない。本当の病名は胃ガンだが、医者が患者に胃ポリー …

no image

病院機能評価-実態を知る方法というのはあるのか?

病院の評価すらまだまだ進んでいない現状では、大学病院の医療の実態を知る方法というのはほとんどないといっていいようだ。評価も公のものだけでなく、民間の団体をなりが、独自の視点、とくに患者の視点からの、病 …

no image

教授選の激しい舞台裏-道は非常に険しいらしい

教授選は最後の最後まで裏切りなどがあり、教授選は本当に蓋を開けてみないとわからないことが多いようだ。教授選では、教授のなかから学長、院長が選ばれるから、その時は、立候補者が投票する側になる可能性があり …

no image

教授回診のある秘密

ある大学病院には週に一度特診日がある。これは、教授が外来診察する特別診療日のことで、午前中に病棟の回診をし、午後は5時半まで予約のみの患者を受けつけるものである。あれが教授の仕事?たまたま内科診察室を …