雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

神経症ノイローゼによる症状

投稿日:

失敗したり、恥をかくんじゃないかという不安が大きい。なかなか友達や仲間をつくれなかったのかもしれない。気弱君の内気で、何に対しても消極的な態度に、がっかりしたし、魅力を感じなくなったというのがホンネのようである。

彼の性格の中では、この種の回避心理が普通以上に働いている。いつもいい子になって、みんなからチヤホヤされていれば調子がいいのだが、無視されたり、冷たくされると、その場面にいたくなくなってしまう。小グループの中でもオドオドしていて、人の顔色を見る。

早朝の授業だったためもあり、つい遅れて休んでしまった。休んで何度目かに我慢して出かけていったが、周りじゅうが自分に冷たく思える。親しげなのに、自分には冷たく思える。とうとう彼はこの語学実習をズルズルと休んで、その課目を落としてしまった。

心の中の苦痛はとても深刻

悩みを一生懸命克服して学校へ行ったり、社会生活を続けているのだが、心の中の苦痛はとても深刻である。悩みがもっとひどくなると、対人恐怖という日本人にもっとも多いと言われるノイローゼの症状になる。

内気な性格を直そうと思って、語学グループで大いに積極性を身につけ、自対人緊張を克服しようと思ったのだが、やっばりうまくいかなかった。君はノイローゼとは言えない。しかし、彼の場合には、苦手な場面を避けたり、人前で話をするのが不安というだけでなく、人の前に出ると顔が赤くなるのが恥ずかしいとか、どうも人と視線を合わせると緊張して、その場にいるのがつらくなるという悩みを持っている。この悩みになると、もう少しノイローゼ的である。

米国の先生が来てセミナーを開催すると必ず口にするのが、日本の聴衆はおとなしくて一向に発言や質問をしてくれない、活発な討論にならない、という不満である。対人恐怖は人見知りがもっと病的になったものだが、ひどくなると、社会生活にいろいろな支障が起こる。この回避型のパーソナリティはとくに日本人に多いと言われている。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

人の依存心理の背景

ある教授の依存心理の背後には、一人でも多くの人に頼ることで、自分の心細さや不安を解消したいという気持ちが働いている。一人ぼっちになったりれも自分に愛情を向けなくなったりしたら大変だと思うために、よけい …

no image

ドーパミンの分泌による幸せな効果

彼女の性的願望と性的機能に突然変化が訪れたのは、彼女が毎日服用していたドーパミンの分泌をうながす薬が、結果としてテストステロンの分泌量も高めたからではないだろうか。目新しい体験は、脳内のドーパミン分泌 …

no image

恋愛と脳のセロトニンの低レベルが関係している可能性

調査の結果、恋に落ちた被験者と強迫神経症患者の両方が、対照実験者とくらべるとはるかにセロトニンの分泌レベルが低いことが判明したようだ。ただし、このイタリアの研究チームが調べたのは、脳内ではなく、血液中 …

no image

新しいメスを連れてくるとヒナを育てた

繁殖期に入ったあと、ひと組のムジルリツグミのつがいが巣をつくり、そこに落ち着いた。ところがオスが餌を取りに出かけているあいだ、バラシュがオスのムジルリツグミの雛を果のわきの枝に設置した。 イエロースト …

no image

必要は発明の母であるといわれるように学問は必要によって生じた

必要は発明の母であるといわれるように、学問は必要によって生じました。一見、必要とまったく無関係な「学問のための学問」のようにみられる場合さえ、その好奇心というか、探究の姿勢は、やはり人間がこの世界に生 …