雑学

信号の色が赤・青・黄の三色である理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
警察署がそうした許可を出すケースがあるのかどうか

信号の色が赤・青・黄の三色である理由

信号の色が赤・青・黄の三色である理由をご存知だろうか。青色が発進、黄色が注意、赤色が止まれというのはご存知、交通信号のこと。これは日本だけではなく、信号の色とその意味はほぼ万国共通となっている。

アメリカやフランスなどを含む一〇〇カ国もの国々が、信号にこの三色を使っている。もちろん、これには理由がある。青色、黄色、赤色というのは、色の三原色なので、対比しやすいのだ。

発進、注意、停止

これらの色が、発進、注意、停止のそれぞれの意味に割りあてられたのだ。赤が、止まれになったのは、たんに赤がいちばん目立つからである。光学的に説明すると、赤い光は波長が長く、空中の微粒子によって散乱されにくい。

だから霧や霞がかかったときでもはっきりとわかるし、遠くにあって小さい場合でも、赤は明瞭にわかる。

次に大事なのが

もうすぐ止まれ

そして次に大事なのが、もうすぐ止まれ、注意を意味するメッセージだ。そこで赤の次に目立つ色である黄色がこれにあてられた。

青色が進めというメッセージにあてられたのは、赤色と対極になる色だからである。ちなみに信号の青は緑色にみえるが、信号機によく近づいて見てみると、信号が消えているときはガラスの色が青いのである。

信号の意味

信号の意味といえば、

青は進め!黄色は注意!赤はとまれ!

と教えてもらいましたよね。けど実際は少し複雑です。

信号の意味を理解していないことで

信号の意味を理解していないことで

信号の意味を理解していないことで、捕まってしまう人もいるほどである。皆さんはよく分かっていますか?

赤も黄も原則止まれです。でも、だからといって何がなんでも止まれ!だと急停車になってしまいますので、止まり切れない場合はそのまま通過しても良いですよ…という猶予として、黄信号があります。

点滅信号の意味

あと、点滅信号の意味を勘違いしていませんか?赤点滅信号は、止まれです。一時停止をしないといけません。また、黄色点滅信号の場合は、一時停止はしないでもいいですが、注意して進行しなければいけません。

点滅信号のある場所は夜間の交通量が少ないものの、まれに大事故が発生することがあるので、気を付けたほうがいいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加