雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

新型ティグアンの発売-高度な技術にアップグレード

投稿日:

フォルクスワーゲンコリアは、洗練されたスタイルと高度な技術にアップグレードされた新型ティグアンを発売した。ティグアンは、2007年発売後、世界で約70万台以上売れ成功したコンパクトSUVとして評価されている。洗練されたモダンなデザインが適用された新型ティグアンには、より便利で安全な運転のための最先端の技術と運転支援システム、韓国型インフォテインメントシステムなどが搭載されて洗練されただけでなく、実用性も一層アップグレードされた。

フォルクスワーゲンのファミリールックをもとにデザインされた新型ティグアンは、トゥアレグと似たラジエーターグリル、バイキセノンヘッドライトと、新たに追加されたLEDデイタイムランニングライトでフロント部より強烈になった。また、大型パノラマサンルーフ(プレミアムモデルの適用)は、一般的なサンルーフ比300%以上大きくなったサイズにドライバーに優れた開放感を提供する。

最先端の安全技術を強化

ユーロNCAP(EuroNCAP)の衝突試験で満点を受けたティグアンは、最先端の安全技術を強化した。発売されたフォルクスワーゲンのモデルの中で最初に搭載した疲労検知システム(Fatigue Detection System)は、運転者の運転パターンをモニターして、運転者が疲れていると判断された場合「警報」を鳴らし「注意」アイコンを表示することにより、長時間の運転による事故の危険を低減する機能である。

これと共に直角駐車場と50cm(前後25cm)の間隔だけ与えられれば、狭いスペースから抜け出すことができるの脱出機能まで可能なパークアシスト2.0(プレミアムモデル)が適用され駐車場を助ける。1968ccコモンレール直噴噴射方式を適用した2.0 TDIエンジン、7速DSGトランスミッションと4MOTION四輪駆動システムを搭載した新型ティグアンは、最大出力が140ps / rpm(4200 rpm)、最大トルクは32.6kg / m(1750〜2500rpm)停止状態から100km / hまで到達する10.2秒、最高速度は188km / hである。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

限定車が欲しいならさっさと決めてしまうことが重要

限定車の場合は、さほど値引きもしてくれないので、あまり駆け引きする必要はない。欲しいならさっさと決めてしまうことだ。限定車といっても、性能面が特殊だったり、カラーがかぎられていたりと、その内容はさまざ …

no image

並行輸入車のデメリット-部品の入手に時間がかかることも

最近では、並行輸入業者の団体も組織が充実し、技術情報を交換したり、協同で部品をストックしたりもしている。こうした団体の加盟店なら、比較的安心だろう。購入後の乗り方に関しては、ヨーロッパ仕様車は高性能イ …

no image

日本人と欧州人の車の選び方の違い

クルマにさほど関心のない日本のユーザーが、その保守的な気質もあり、どのメーカーのクルマでもいい、それならいちばん売れているトヨタのクルマにしようと考える傾向があるようです。以前よりは日本にも主張が見え …

no image

新型K5の事前契約を受けると明らかに

起亜自動車が全国起亜自動車の営業店で新型K5の事前契約を受けると、明らかにした。「二つの顔」というコンセプトを持つ新型K5は、乗用車の中で唯一の車両の前面部のデザインを「K5モダンエクストリーム」、「 …

no image

海外の自動車でおすすめしたい個性的なクルマ

国産車は実用性重視の事務的なクルマが多いこのクラスですが、ヨーロッパにはしっかりとしたキャラクターを持った個性的なクルマがたくさんあります。エントリーカーとして、シティコミューターとして、いちばん生活 …