雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

新型ティグアンの発売-高度な技術にアップグレード

投稿日:

フォルクスワーゲンコリアは、洗練されたスタイルと高度な技術にアップグレードされた新型ティグアンを発売した。ティグアンは、2007年発売後、世界で約70万台以上売れ成功したコンパクトSUVとして評価されている。洗練されたモダンなデザインが適用された新型ティグアンには、より便利で安全な運転のための最先端の技術と運転支援システム、韓国型インフォテインメントシステムなどが搭載されて洗練されただけでなく、実用性も一層アップグレードされた。

フォルクスワーゲンのファミリールックをもとにデザインされた新型ティグアンは、トゥアレグと似たラジエーターグリル、バイキセノンヘッドライトと、新たに追加されたLEDデイタイムランニングライトでフロント部より強烈になった。また、大型パノラマサンルーフ(プレミアムモデルの適用)は、一般的なサンルーフ比300%以上大きくなったサイズにドライバーに優れた開放感を提供する。

最先端の安全技術を強化

ユーロNCAP(EuroNCAP)の衝突試験で満点を受けたティグアンは、最先端の安全技術を強化した。発売されたフォルクスワーゲンのモデルの中で最初に搭載した疲労検知システム(Fatigue Detection System)は、運転者の運転パターンをモニターして、運転者が疲れていると判断された場合「警報」を鳴らし「注意」アイコンを表示することにより、長時間の運転による事故の危険を低減する機能である。

これと共に直角駐車場と50cm(前後25cm)の間隔だけ与えられれば、狭いスペースから抜け出すことができるの脱出機能まで可能なパークアシスト2.0(プレミアムモデル)が適用され駐車場を助ける。1968ccコモンレール直噴噴射方式を適用した2.0 TDIエンジン、7速DSGトランスミッションと4MOTION四輪駆動システムを搭載した新型ティグアンは、最大出力が140ps / rpm(4200 rpm)、最大トルクは32.6kg / m(1750〜2500rpm)停止状態から100km / hまで到達する10.2秒、最高速度は188km / hである。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

自動車の安全技術の開発

多くの事故が、ハンドルにしろブレーキにしろ性能上のマージン余裕・ゆとりがゼロになった次の瞬間におきるわけですから、マージンはそのためには、車をゆっくり走らせるか、性能をなるべく高くしておくかのどちらか …

no image

エンジンは適正な排気量が重要

たとえば、最大排気量1800mの車種で、1300mゃ1500mのエンジンが搭載されたグレードを選んでしまうと、走ったときになんとなく物足りなさを感じてしまうことが多い。 気に入った車種を見つけても、い …

no image

輸入車ディーラーは都市部に比べて地方には少ない

クルマの場合判を押してしまうとクーリングオフが効かず、契約が成立してしまうから注意したい。見積書と称して、そこに注文書のタイトルが併記されており、見積書の方を消せば契約書に化けてしまう、という酷いやり …

no image

アメ車とドイツ車の性能や特徴などを紹介

国によってクルマの性格はバラバラ。それらの差を国ごとに解説しよう。自動車というものは、生産した国の技術力の結晶。また、クルマに対する考えが現実化したものだ。 ・アメリカ車 性能うんぬんではなく、リラッ …

no image

マツダアクセラの評判-走行安定性、居住性、価格設定が魅力

走行安定性、居住性、価格設定の3ポイントがアクセラの魅力。かなり買い得なクルマだ。しかし、販売はいまいち伸び悩んでいるようで、国産車にとって全幅がいかに重要かということを示しているといえるだろう。 エ …