雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

診断書を偽造させようとする人がいる

投稿日:2014年11月13日 更新日:

診察室に入るなり、ああ、女医さんだ。ニカッと笑みを浮かべるオバさんには、嫌な予感があるようです。そんなオバさんは、下心を抱いている場合が多いのです。

たとえば、来週の月曜日からハワイ旅行に行くんで、会社を休まなきゃならないの。ねえ、会社に出す診断書を書いてよ。病気療養のため1週間は出動できないって。なんとかならないかしら?女同士のお願いよ。センセェにお土産も買ってくるから。などと強引な申し出をしてくるようです。

こんなときは、それは、無理ですよ。だって、ウソは書けませんよ、と断わるそうです。担当の医師が自分より年下の女性の場合だと、若い女の子なら、いうとおりにしてくれると思っているオバさんもいっぱいいるのです。

確かに、医師が書いた診断書は社会的にかなりのパワーを持っています。バレたら、その医師の首が飛びます。それだけ、信頼されている公式の文書なんです。でも、ちょっと考えてください。若い女医だって、男性医師よりも女同士には甘いなんてことはありません。ご自分の子供さんやお嫁さん、お孫さんだって、いうことをすべてきくわけではないでしょう。

もし常識的には不可能な頼みごとを試みるなら

もし、常識的には不可能な頼みごとを試みるなら、年配の男性ドクターに相談しましょう。成功率はいちばん高いでしょうから。むしろ女医のほうが、芯がマジメな人が多いので融通がきかないというか、無理な頼みことはむずかしいと思います。

最近は女性の医師がとってもふえました。女性の患者さんから、ああ、お化粧してる女医さんでよかったと、いわれることもあるようです。同じ価値観でしゃべれる安心感があるそうです。そんな意見はうれしいようです。患者さんから見ると、女医がよいときと、頼りなさそうだったりして不安なときがあるようです。少ないと希少価値があるし、多いと勢力的に有利だし、メリットとデメリットは差し引きゼロでしょうか。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

退職後すぐにがんが発見される人のつらさ

男性は退職後まもなくがんが発見されることが多い。退職して時間に余裕ができてから来院し、その時にやっと、がんが発見されるためである。 在職中は忙しくて、多少の症状では来院しないが、退職して時間に余裕がで …

no image

犯罪者の性格的特徴

犯罪者の多くが一般の人と同じような性格的特徴をもっていると知ったら驚くだろう。実は、犯罪者だからと言って、一般の人と全く違う性格的特徴があるわけではないという。 犯罪者の多くが自分とはまったく異なる存 …

no image

脳死は人の死という問題点から

脳死が生じるのは、これまで健康だった人が脳卒中や交通事故に遭うというときがほとんどである。他人の不幸を待って自分が助かることを考える(人間だれしもそう考えたくないが、自分が移植でないと助からないと思っ …

no image

医学教育の特徴-対外的な評価が教育面に反映されにくい現状

医学の教科書を棒読みする授業や、コピーを配るだけの、実に権威的なものが多いという。偉い教授の授業というものは、批判もできなければ、そういうものだと叩き込まれていたのだろう。教授の授業より、臨床の現場に …

no image

使っておきたい!外来診療のみの求人を紹介してもらえる会社

外来診療のみの求人を探す場合、求人広告などを見て探すのは大変です。自分で一生懸命求人広告などを見て探しても、あまり見つからないと思います。 外来診療のみの求人だけに絞って探したいのであれば、転職支援サ …