雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

新自由主義的グローバリゼーションというネオリべラルのプログラム

投稿日:

世界最大の民主主義国独立後、数世紀に及ぶイギリス支配の悪影響から回復し始めたインドでも、NATOの威信を保ち、世界を安全にしょうとするクリントンーブレアの努力は評価されなかったようだが、インド政府及びマスコミによる非難の声は伝わらないままとなった。ネルソン・マンデラはブレアを非難し、アメリカと共に他国を蔑ろにし、一九九八年のイラク及び翌年のセルビアでは世界の警察官を演じて世界を一層混乱させたと述べた。NATOが憂慮する対象は、何世紀にもわたって自分たちを痛めつけてきた相手の威信を守る必要性を、さほど痛感してなかった。

イスラエルのような最も模範的な顧客国でも、クリントンーブレア及び国内の多くの崇拝者の主張は、よくある道徳的正義の口実のもとでの旧式な砲艦外交への逆戻りあり、世界にとって危険だとして、軍事及び政治分野の主要なアナリストから嘲笑された。

彼らは欧米の理論家が考えたグローバリゼーションというネオリべラルの社会経済プログラムに関して、詳細にわたる批判的かつ高度な分析を発表した他、いわゆる人道的介入の権利をきっばりと否定した。彼らの運動の歴史で最も重要なものであり、国家元首レべルによる初めての会議だった。情報源としては、非同盟諸国の政府、つまり二〇〇〇年四月の南サミット開催時に世界人口の約八〇%を統治していた政府が挙げられるかもしれない。

自分たちをとっての規範を定める権限

最強国だけに適切な行動、自分たちをとっての規範を定める権限があると言うのは、誇張である。信頼できる顧客国に権限が委ねられる場合もあるからだ。だからこそ、イスラエルターゲッテイッド・キリングも犯罪の新たな規範を制定できる。

二〇〇三年三月にマレーシアで開催された非同盟諸国のサミットでも、同じ言葉で繰り返された。恐らく彼らは格調高い表現に慰めを見出せないほど苦労して歴史を学んでおり、人道的介入については何世紀も前から聞き飽きているのだろう。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

アメリカの指導者たちはブラックボックスへの出入りは理解できても

ソ連はしばしば、アメリカが真に何を望んでいるのかを誤解した。ソ連はしばしば拡張主義的で、現状維持勢力ではなく革命勢力だ、と非難された。アメリカが国際政治での全体的枠組みの構築といった、不明確な環境目標 …

no image

パレスチナ国家の領土を最大限に拡大するため

治安維持が充分かどうかは、イスラエルと米国政府によって判断される。イスラエルは二〇〇一年三月以降に建設された入植前哨地を速やかに解体。回復されるべき現状は、パレスチナ人を何百もの地区に閉じこめ、周囲は …

no image

二つの未解決の問題が中東を苦しめる

パレスチナ側のテロは実際にエスカレートし、一〇〇〇年九月末に起こった第二次インティファーダの期間には、イスラエルの民間人に対して恐ろしい犯罪が行われた。平和な外交的解決への希望を損なう措置は、パレスチ …

no image

イラクを攻撃した後イラクの囚人が同様の扱いを受けていた

イラクを征服した後には、イラクの囚人が同様の扱いを受けていたことを示す証拠がすぐさま明るみに。司法省の査察官ですら痛烈な報告書を提出して非難したが、本省は無視した。 キューバの中で今もアメリカの占領下 …

no image

帝国の支配体制を切り崩し独自の地域制度を太平洋地域に広げた

大英帝国を始めとする帝国の支配体制を切り崩し、その一方で独自の地域制度をラテンアメリカと太平洋地域に広げた。新しい世界秩序は米国経済のニーズに合わせたものとし、政治的にも可能な限りアメリカの支配下に置 …