雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

新自由主義的グローバリゼーションというネオリべラルのプログラム

投稿日:

世界最大の民主主義国独立後、数世紀に及ぶイギリス支配の悪影響から回復し始めたインドでも、NATOの威信を保ち、世界を安全にしょうとするクリントンーブレアの努力は評価されなかったようだが、インド政府及びマスコミによる非難の声は伝わらないままとなった。ネルソン・マンデラはブレアを非難し、アメリカと共に他国を蔑ろにし、一九九八年のイラク及び翌年のセルビアでは世界の警察官を演じて世界を一層混乱させたと述べた。NATOが憂慮する対象は、何世紀にもわたって自分たちを痛めつけてきた相手の威信を守る必要性を、さほど痛感してなかった。

イスラエルのような最も模範的な顧客国でも、クリントンーブレア及び国内の多くの崇拝者の主張は、よくある道徳的正義の口実のもとでの旧式な砲艦外交への逆戻りあり、世界にとって危険だとして、軍事及び政治分野の主要なアナリストから嘲笑された。

彼らは欧米の理論家が考えたグローバリゼーションというネオリべラルの社会経済プログラムに関して、詳細にわたる批判的かつ高度な分析を発表した他、いわゆる人道的介入の権利をきっばりと否定した。彼らの運動の歴史で最も重要なものであり、国家元首レべルによる初めての会議だった。情報源としては、非同盟諸国の政府、つまり二〇〇〇年四月の南サミット開催時に世界人口の約八〇%を統治していた政府が挙げられるかもしれない。

自分たちをとっての規範を定める権限

最強国だけに適切な行動、自分たちをとっての規範を定める権限があると言うのは、誇張である。信頼できる顧客国に権限が委ねられる場合もあるからだ。だからこそ、イスラエルターゲッテイッド・キリングも犯罪の新たな規範を制定できる。

二〇〇三年三月にマレーシアで開催された非同盟諸国のサミットでも、同じ言葉で繰り返された。恐らく彼らは格調高い表現に慰めを見出せないほど苦労して歴史を学んでおり、人道的介入については何世紀も前から聞き飽きているのだろう。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

世界がどれほど滅亡の危機に近づいていたかを意識

危機に対するケネディの対処の仕方と、イラク問題を巡るブッシュ大統領の考え方との比較が会議で再三取り上げられたテーマだと、新聞は報じた。大規模戦争が起これば、北半球は破壊されるというアイゼンハワー大統領 …

no image

アメリカの対テロ戦争は新たなテロリストの避難所を創り出しただけ

フィナンシャル・タイムズ紙の編集者は、ジッダにおけるテロリストの残虐行為について予期できなくはなかったとコメントしたが、それは正しい。社会政治的に微妙な問題は、爆撃やミサイル攻撃では解消できないと、二 …

no image

支配的なイデオロギー概念

再び西側は、ソ連が拡張しようとしているとみなした。ほとんどすべてについて何ほどかの誤解があったものの、これら6つの問題は深刻であった。これらの問題は交渉や着和によって解決可能であっただろうか?有和は機 …

no image

直接統治ではなく間接統治をしていたイギリス

ウィンストン・チャーチルのような一部の人間は、アラブ人(主にクルド人とアフガン人)を服従させるため、毒ガスを使用する考えに現を抜かしていた。帝国側の政策担当者にとって都合のいいことに、この頃民間人を支 …

no image

正義の戦争理論の最も基本的な原則である普遍性について

正義の戦争理論の最も基本的な原則である普遍性について考えよう。この基準をクリアできると、幾つかの明白な問題が生じる。とりわけ、テロの犯人が特定されていながら全く罰を受けず、最も権威ある国際機関を不遜に …