雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

視覚の恒常現象

投稿日:

私がAさんを五メートルの距離でみたときと、一〇メートルの距離でみたときは、網膜上のAさんの大きさは二分の一になってい。写真でみれば明らかです。ところが、私の目からは、まったく、同じ大きさに、むしろ二分の一になっていることが信じられない。物差を目の前にあてて、長さをかってみてはじめて半分になっていることが信じられるくらいです。それほど実際の知覚では、背丈の感じが変わってこない。これを恒常現象といいます。

紙の上にボツッと点をひとつだけかく。そうすると、それは誰にでも点としてみえます。ところが、今、部屋を全部真暗にして、光点ひとつだけをつけて、あとは全部何もみえないようにしておく。そうすると、これが一カ所に定まった点にみえないで、チラチラと動いてみえてしまう。

そして背景に何かがみえてきたり他の光点がみえてくると、それははじめて点として固定されてくる。つまり私たちが何かを見ている場合、必ず背景とか、枠とか、その他のものとの関係でみていて、それによって位置や形が定まってくる。したがって、の枠組や、関係がまったく取り除かれると、位置や形の知覚が成り立たなくなる。

全体の背景との関係でとらえられる

同じ大きさだと判断しているのではなくて、知覚そのものがそういうふうに恒的になっている。このように私たちの知覚は、外界の模写ではなくて、私たちの生きる志向性というか、外界との関係によって体制化され、意味づけをもって、そして全体の背景との関係でとらえられるものです。

生まれたての赤んぼうがどんなふうにこの世界をみているかということは、非常にむずかしい問題です。目があいたばかりの赤んぼうは、決して私たちが、この世界をみるようには、みていないはずです。それからまたまったく行動様式の違う人種がいたとしたら、その人たちもこの同じ世界を、決して私たちがみているようにはみないでしょう。私たちの間でも、世界のみえ方はずいぶん違っているはずです。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

森で暮らしていたわたしたちの祖先

森で暮らしていたわたしたちの祖先に、好きなタイプの相手がいたはやがて人間の恋愛感情へと発達する、親近感のようなものである。人間が、いまのわたちと同じような、新たな精力とともに人を愛するようになったのは …

no image

心をおおう鎧は私たちを防衛してくれる安全弁

友情や愛に支えられて、あるいはカウンセリングやTグループとよばれているような自由な率直な関係の中で、常識的な心の防衛の衣までがはずされたとき、そこに人は本当の自分の姿を見出します。それはある場合には、 …

no image

動物は好みがうるさい過剰なエネルギーにあふれていた

トーマスいわく、マリアはすぐに、ひじを床について、遊びに誘うポーズをとった。追いかけて、と身ぶりで示したのだ。ミーシャはそのとおりにした。すばやく、陽気に、うれしくてたまらないといったようすで二頭の犬 …

no image

脳のスキャン技術は複雑なので

脳のスキャン技術は複雑なので、まちがいもしょっちゅう起きた、とある研究者。そうなると最初からやり直しだ。しかしデータをきちんと並びかえることができた。そしてルーシーがスキャン画像の解析にあたり、活性化 …

no image

計画通り主役になるはずだった

X君と何人かが、数カ月後の日曜日に野球の試合をやるから、一緒にやろうよと声をかけた。S君はそもそもこういう形でX君から声をかけられることが内心おもしろくない。自分こそ、この計画の主役になるはずだった。 …